マーケティング SEO ライティング

サジェストとは何か?キーワードとの関係性や具体的な活用方法と注意点について解説

SHARE

Googleなどの検索エンジンで検索する際、検索欄にキーワードを入れると予測候補としてキーワードが出力されることを「サジェスト」と呼びます。
サジェストで出力されるキーワードは、自分以外のユーザーが入力した文字列でもあり、サブキーワードとして利用することで、ユーザーのニーズに応えるコンテンツを制作できる可能性が高まるので非常に便利です。
今回はサジェストに関する基礎知識、サジェストで出力されるキーワードと1つ目キーワードとの関係性、サジェストキーワードの具体的な活用法、サジェストキーワードを利用する際の注意点についてお話します。

サジェストのキーワードが大事な理由

サジェストで出力されるキーワードがなぜ重要なのか 

サジェストで出力されるキーワードは、検索エンジンに蓄積された情報の中から、検索頻度や関連度がマッチする文字列が出力されます。言い換えれば、サジェストで出力される文字列は検索される頻度の高いキーワードということです。そのため、サジェストキーワードを軽視してしまうと、検索流入がアップする可能性を逃してしまいます。
サジェストキーワードを上手に活用することで、検索流入がアップする可能性が高まり、結果としてアクセスやPVも増えていくという流れを作るために重要なのです。また、サジェストキーワードは直接的に検索欄で調べる方法の他にも、オンラインサービスやオンラインツールを利用することで、一括で把握する方法もあります。利便性が高く、効果的なキーワードを手に入れやすいのも、多くの企業が活用している理由であり、サジェストで出力されるキーワードが重要視すべき理由でもあるのです。

また、以上を見て「そもそもなぜSEOでキーワードが必要なのか?」と感じた方は以下もご覧下さい!
サイトに合ったSEO対策キーワードの選び方

サジェストキーワードは隠れたニーズの把握にもつながる

自社の商品やサービスに関連するキーワードのサジェストキーワードを把握することで、今まで気づかなかったような隠れたニーズを把握することにもつながります。サジェストキーワード自体が実際に存在する人が入力して検索した文字列でもあるため、サジェストで出力されるキーワードによって、潜在的な顧客層が何を求めているのか、どんな課題があるのか見えてくるのです。

上記はスキンケアで調べて、スペースを入力して表示されたサジェストキーワードです。スキンケアといえば女性のイメージが強いですが、2番目のサジェストキーワードに「メンズ」が入っていることを考えると、男性もスキンケアに興味関心が強いことが分かります。
サジェストキーワードを一括で調べられるサービスやツールを利用することで、さらにたくさんのサジェストキーワードが把握できるようになり、商品やサービスに関連するニーズの発掘にもつながるということです。

「サジェスト」とは?

サジェストとは「Suggest:提案」という意味であり、検索エンジンにキーワードを入れると、システム的に検索候補が分析され、出力される仕組みを指します。Web制作やコンテンツマーケティングなどのホームページ運営においては「サジェストキーワード」という読み方以外にも、虫眼鏡キーワードやサブキーワードとして認識されています。
検索エンジンを利用するユーザーからすると、自動で関連するサブのキーワードが表示されるため非常に便利であり、調べ物や問題の解決までの時間が節約されるのです。サジェストで出力されるキーワードを収集して、有効活用することができれば、検索エンジンを利用するユーザーが自然の流れでホームページやコンテンツにアクセスしてくれるようになります。

サジェストで出力されるキーワードと1つ目のキーワードとの関係性

次にサジェストで出力されるキーワードと1つ目のキーワードとの関係性について解説します。

1つ目のメインとなるキーワードとは

1つ目のメインとなるキーワードとは、ユーザーが自分自身で入力している文字列を意味します。1つ目キーワードは、ユーザーが最も知りたい情報に最も近いキーワードでもあり、ホームページ運営やコンテンツマーケティングでも最重要視すべきキーワードです1つ目キーワードで検索結果の上位を狙うことこそが、コンテンツマーケティングおよびオンライン集客での最大の目標といえるでしょう。
また、1つ目のキーワードと自社の商品やサービスのキーワードが合致すれば、利益や売り上げのアップにもつながっていきます。そのため、1つ目のキーワードと自社のホームページやコンテンツが、検索エンジンから高い評価を得る必要があるのです。
しかし、1つ目キーワードで検索結果の上位に表示されたいのは、自社だけでなく競合他社やライバル企業も同じであり、コンテンツ自体の質を高めるとともに、ホームページやドメインの評価を上げていく必要があります。

 

 

サジェストで出力されるキーワードとの関係性

1つ目のメインとなる文字列とサジェストで出力されるキーワードの関係性とは、1つ目のメインとなるキーワードがあるからこそされるとキーワードが評価されるという点にあります。例えば、前述したスキンケアのサジェストキーワードに表示された「おすすめ」というキーワード単体ではあまり意味を持ちません。
「スキンケア おすすめ」という組み合わせになっているからこそ、検索候補として成り立っているということです。大切なのは1つ目キーワードとサジェストキーワードの組み合わせだからこそ、評価がされているということではあります。1つ目のキーワードが自社の商品やサービスとマッチしている場合は、サジェストキーワードも組み合わせた方がアクセスやPVのアップが見込めるということです。

コンテンツ制作をする上での重要性について

コンテンツ制作をする上でサジェストキーワードはとても重要です。例えば、自社の商品やサービスに関連する1つ目のメインとなるキーワードはいずれ枯渇してしまいます。しかし、サジェストで出力されるキーワードを活用すれば、コンテンツを制作する幅が広がるため、アイデアやネタが枯渇しにくくなるのです。また、サービスやツールを利用すればサジェストキーワードはすぐに手に入るため、コンテンツ制作の担当者が自分自身で悩む必要もありません。
同様にサジェストキーワードはコンテンツマーケティングを行う際にも非常に相性が良いです。特にコンテンツマーケティングは定期的にコンテンツをアップしていくことで、アクセスするページの分母を増やし、サイトやドメインの評価を向上させてきます。
サジェストキーワードを有効活用することで、定期的かつ継続的なコンテンツマーケティングが実現可能となり、少しずつ緩やかでも右肩上がりでアクセスを増やすことにつながっていくのです。

サジェストキーワードの具体的な活用法

次にサジェストキーワードの具体的な活用法について解説します。

オンラインツールやオンラインサービスでサジェストキーワードを把握する

・ラッコキーワード – https://related-keywords.com/

・サジェストキーワード一括取得ツール – https://xn--hck1ajf9e.com/

・Keyword Tool – https://keywordtool.io/jp

上記はサジェストキーワードを取得できるツールの一例です。「サジェストキーワード無料」という形で検索するとたくさん出てくるのでお好みのものを使ってください。サジェストキーワードのサービスやツールの提供元によっては、無料だと機能制限があったり、検索回数に上限があったりするので複数利用するのもおすすめです。もし、企業や組織として利用するのであれば、気に入ったサジェストキーワードのツールに課金してみても良いでしょう。
また、サジェストキーワードのツールを利用する時、類義語検索などを利用してにた言葉を使ってみたり、別の言い回しで検索したりすると、表示されるサジェストキーワードの幅も広がっていきます。前述したスキンケアであれば、お肌のお手入れという言い方もありますし、男性向けであればメンズコスメといったような言い方でも検索される可能性があるでしょう。
重要なのは「ユーザーが検索するキーワード」を見つけることでもあるため、メインとなるキーワード自体をユーザー目線で見つけていくことも大切です。

1つ目のキーワードと組み合わせて実際に検索して情報収集する

1つ目のキーワードと組み合わせて、実際に検索して情報収集する方法もあります。サジェストキーワード一括取得ツールとの違いは、検索結果がそのまま表示されるため、どのようなコンテンツが作られているかも把握できることです。
タイトルやディスクリプションを見ることで、大体の内容を把握することもできますし、実際にURLをクリックして目次や内容などをチェックしてみても良いでしょう。特に検索結果の1、2ページ目に表示される上位のページにおいては、検索エンジンから評価されているページでもあるため、どのようなクオリティのコンテンツなのかチェックしておいて損はありません。

1つ目のキーワードと組み合わせて網羅的にコンテンツを作成

サジェストキーワードの活用方法として最も効果的なのが、1つ目のメインとなるキーワードと組み合わせて網羅的にコンテンツを作成していくことです。1つ目のキーワードと組み合わせていけばアイディアやネタも枯渇しにくくなります。
コンテンツマーケティングの場合においても同様であり、直接的に商品やサービスについてコンテンツを制作するだけでなく、キーワードに基づいてユーザーの利益になる情報を発信することも大切です。結果として、ユーザーがホームページを通じてブランドやメーカーを気に入ってもらうことができれば、商品の購入や有料サービスの利用にもつながっていくでしょう。

また、SEOで活用できるキーワードにはいくつか種類があります。以下記事も参考にしてみてください。
ロングテールキーワードって何?メリットや選び方を解説

サジェストキーワードを利用する際の注意点

次にサジェストキーワードを利用する際の注意点について解説します。

コンテンツ内でサジェストキーワードを使いすぎないこと

1つ目のメインとなるキーワードも含めて、コンテンツ内でサジェストキーワードを使いすぎないことに注意しましょう。キーワードはあくまでも自然な形で文章に組み込まれていくことで評価につながっていきます。不自然にキーワードを多用してしまうと、むしろ検索エンジンからの評価が下がり、サイト全体の評価も下がっていくものだと覚えておいてください。
特に初心者の方がSEOについて学び始めてくると、キーワードをしっかりと使った方が評価がアップするのではないか、アクセスが増えるのではないかと勘違いしがちです。実際にはキーワードが重要なのではなく、コンテンツの質が重要であるということが前提であると理解すると良いでしょう。

コンテンツを閲覧するユーザーが読みにくくならないようにすること

1つ目のメインとなるキーワードを含めて、サジェストキーワードはあくまでもユーザーが検索したキーワードでしかありません。大切なのは1つ目のキーワードとサジェストキーワードについて、読みやすく情報がまとまっていることです。読みやすい良質なコンテンツを制作すること自体が、検索エンジンからの評価を向上させる祇園でもあるため、キーワードだけにこだわらないように注意してください。
また、検索エンジンからの評価も大切ですが、もっと大切なのはユーザーに満足してもらうことです。コンテンツに満足してもらえなければブランドやメーカーとしての価値は上がりませんし、安心や信頼も生まれません。ユーザーの利益を一番に考えることが将来的に企業の利益になることを意識して、コンテンツ制作については常に質を高められるよう進めていってください。

サジェストキーワード以外にも目を向けること

サジェストキーワードだけにこだわってコンテンツ制作をするのもあまりお勧めできません。必ずしもサジェストキーワードで検索するとは限りませんし、潜在的な顧客層が別のキーワードで検索している場合、競合他社やライバル企業に流れてしまうことも考えられます。
Googleアナリティクスやサーチコンソールなども活用し、自社のホームページやコンテンツにどのようなキーワードでアクセスがされているのかもチェックして、様々な方向からコンテンツ制作のためのキーワードを選定すると良いでしょう。

まとめ:サジェストキーワードを使いこなしてコンテンツを充実させよう!

今回はサジェストに関する基礎知識、サジェストで出力されるキーワードと1つ目のキーワードとの関係性、サジェストキーワードの具体的な活用法、サジェストキーワードを利用する際の注意点についてお話ししました。
サジェストキーワードはユーザー自身が気づかなかったようなキーワードの組み合わせで検索できるようになるため、有効活用することで自然な形でコンテンツにたどり着いてもらえる可能性が高まります。
同時に1つ目のメインとなるキーワードと組み合わせることで、アイディアやネタを枯渇させずにコンテンツの作成がしやすくなるので上手に活用していきましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事がサジェストキーワードについて知りたかった方のお役に立てれば幸いです。

この記事の監修者

マトレル ナレッジ運営

    関連記事

    • ローカルSEOの効果的な対策方法とは?SEO・MEOとの違いや特徴を解説

      SEO WEB制作
    • マークアップとは?メリットや作成方法も紹介

      SEO システム開発 WEB制作
    • Webマーケティングとデジタルマーケティングに違いは?施策などを徹底解説!

      SEO メディアサイト WEB制作
    PAGE TOP