オウンドメディア ライティング WEB制作

Webライティングで失敗なし!悪い例を使って改善点を解説

SHARE

Webサイト担当者の中には、自社でコンテンツを作成してみようと考えている方もいるのではないでしょうか。とはいえ、コンテンツを作成したことがないと陥りがちな失敗をしてしまうかもしれません。

この記事では、

  • Webライティングの失敗例
  • 失敗しないポイント
  • 記事代行サービスのメリット

について解説していきます。この記事を読むことで失敗例を学べるので、初歩的なミスがなくなるでしょう。Webサイト担当者の方は、ぜひ参考にしてください。

初心者に多いWebライティング失敗例

初心者の方に多いWebライティングの失敗例は以下の通りです。

  • ターゲットが定まっていない
  • ユーザーニーズを理解していない
  • 構成案を作成せずに書き始める
  • ゴールを設定していない
  • 結論がわからない

あらかじめ失敗例を学んでおくことで、読みやすく効果的なコンテンツを作成できるようになるでしょう。ここからは、それぞれの失敗例について紹介していきます。

ターゲットが定まっていない

初心者の方は、ターゲットが定まっていないままライティングをしてしまうことがあります。自社の商品やサービスを伝えることばかりに気を取られていると、誰に向けたコンテンツなのかわからなくなるなってしまうのです。

誰に向けて発信しているのかが決まっていないと、自分事として捉えてくれるユーザーがおらず、読んでもらえません。

ユーザーニーズを理解していない

ユーザーニーズを理解しないままコンテンツを作成してはいけません。この失敗はターゲットを決めないままライティングを進めてしまう場合に多いです。

ユーザーニーズを理解していないと、一方的に話しているような押しつけがましい内容になってしまうでしょう。ユーザーにとって有益な情報がないため、すぐに離脱されてしまいます。

構成案を作成せずに書き始める

構成案を作成せずに書き始めると、失敗しやすくなります。構成案とは、Webライティングにおける設計図のようなものです。コンテンツの方向性を示すもので、あらかじめ考えをまとめておくことができます。

構成案がないと、ライティングをしながらコンテンツの方向性を決めることになります。すると途中で考えが変わってしまったり、結局何を言いたかったのか書き手自身がわからなくなるのです。そのように書かれたコンテンツは、当然読み手にとっても理解できません。

ゴールを設定していない

ゴールを設定しないままコンテンツを作成するという失敗例も多いです。Webライティングにおけるゴール設定とは、ユーザーがコンテンツを読み終えた後、どのような状態になっているのかを決めておくことです。

ゴール設定がないとユーザーがアクションを起こしにくいようなコンテンツになり、Webサイトのパフォーマンスが向上しません。

結論がわからない

結論がわからないようなコンテンツもよくある失敗例です。初心者の方は前置きを長くしてしまったり、書いている途中で何を書きたかったのかわからなくなってしまったりします。

すると結局何が言いたいのかわからないため、読み応えのないコンテンツになってしまうのです。

失敗しないWebライティングのポイント

Webライティングで失敗しないためには、以下のポイントを取り入れましょう。

  • ターゲットを決める
  • ユーザーニーズをリサーチする
  • 1記事に対しテーマは1つに絞る
  • まずは構成案を作成する
  • ゴールを決める
  • PREP法を意識して書く
  • オリジナリティを含める
  • SEOについて学ぶ

これらの方法を取り入れることで、ユーザーにとって読みやすいコンテンツになります。ここからは、それぞれのポイントについて紹介していきましょう。

ターゲットを決める

ライティングを始める前に、ターゲットを決めましょう。ターゲットを決めることでコンテンツの方向性を定めることができます。

例えば「スニーカー 選び方」というキーワードでコンテンツを作成する際、ターゲットによって以下のようにニーズが異なっています。

ターゲットニーズ
ジュニア層子どもの成長段階に合った靴が欲しい
若者層おしゃれな靴が欲しい
シニア層脚に負担がかかりにくい靴が欲しい

ターゲットごとのニーズを満たしていないと、コンテンツに魅力を感じてもらえず、読んでもらえません。するとアクセス数も集まらず、Webサイトの効果も発揮できないでしょう。

コンテンツを読んでもらうためにも、まずはターゲット選定が重要です。

ユーザーニーズをリサーチする

ターゲットが決まったら、ユーザーニーズを調べましょう。ターゲットにどんなニーズがあるのか調べることで、読み応えのあるコンテンツになります。

出典:ラッコキーワード

リサーチ方法としては、キーワード調査が有効です。例えば「ラッコキーワード」というツールで使用したいキーワードを入力すると、ユーザーがどんなキーワードと組み合わせて調べているのかがわかります。

キーワードの組み合わせを見つけることにより、そのキーワードに対してどんな悩みがあるのかが見えてきます。

例えば、「食洗機」というキーワードに対して「選び方」というキーワードの組み合わせがあると、「食洗機の選び方を知りたい」というニーズを推測できます。一方で、「食洗機 最新」というキーワードからは、「最新の食洗機を知りたい」というニーズが見えてくるのです。

このように、キーワードがどのように検索されているのかを調べることで、ターゲットの悩みや要望が見えてきます。

1記事に対しテーマは1つに絞る

1つの記事に対して、テーマは1つに絞りましょう。テーマを絞るべきである理由は、ユーザーにとって読みやすいコンテンツになるからです。

雑誌のような媒体は、複数のテーマで構成されています。一方で、Webコンテンツはキーワード検索によって流入することが多く、ユーザーの目的も明確です。そこでさまざまなテーマでコンテンツが形成されていると、自分には関係のないコンテンツも出てきてしまい、離脱されてしまうのです。

テーマを1つに絞ることで、よりユーザーに刺さりやすいコンテンツになります。すると効率的に運用できるようになるため、チームにとってもメリットとなります。

まずは構成案を作成する

いきなりテキストを作成するのではなく、構成案を作成してからライティングを行いましょう。コンテンツの設計図でもある構成案を作成することで、コンテンツの方向性を定められます。

構成案を作成する際は、タイトルや見出しを作成します。その際、見出しに対して簡単な概要を書いておいたり、参考URLをまとめておいたりすると便利です。構成作成者とライターが異なる場合にも役立つので、ぜひ取り入れてみてください。

ゴールを決める

コンテンツに対してゴールを決めておきましょう。ゴールを設定することで、ユーザーに対してどんなアクションを起こしてもらいたいのかが明確になります。

例えば、自社商品やサービスについて紹介する場合は、ユーザーが商品やサービスを通じて悩みを解決することがゴールになります。コンテンツの最後にアクションを促すこともできるので、ユーザーにとっても自社にとってもメリットのある内容となります。

PREP法を意識して書く

ライティングを行う際は、PREP法を意識して書きましょう。PREP法とは書き方の1つで、以下の頭文字を取ったものです。

  • Point…結論
  • Reason…理由
  • Example…具体例
  • Point…結論

PREP法では、結論、理由、具体例、結論の順で文章を書きます。こうした構成を用いることで、ユーザーにとって読みやすいコンテンツとなるのです。

特に、現代では結論を急ぐユーザーが増えてきています。前置きが長くなると離脱されることもあるので、PREP法は現代人に合った書き方であると言えるでしょう。より多くの人に読んでもらうためにも、PREP法は有効な手法です。

オリジナリティを含める

コンテンツには、オリジナリティを含めるよう意識しましょう。Webライティングを続けていると、同じキーワードに対して競合サイトがすでにコンテンツを作成している場面に遭遇します。その際、同じような内容ばかり書いていては、競合サイトと差をつけることができません。

そこで、自社サイトのコンテンツにはできるだけオリジナリティを含めるようにしましょう。例えば、その業界にいるからこそ知っている知識はないでしょうか。特に自社商品やサービスと絡めてコンテンツを作成する場合、素人が知らないノウハウや解決策を提供できる場合があります。

その分野のプロだからこそ知っているノウハウを提供することで、ユーザーにとって役立つ専門性の高いコンテンツになります。

SEOについて学ぶ

Webライティングを続けるなら、SEOについても学んでおきましょう。SEOとは「検索エンジン最適化」とも呼ばれ、検索結果の上位に表示させるための施策です。SEOを取り入れることで、より多くのユーザーに読んでもらえるようになります。

もちろん、ユーザーにとって役立つコンテンツにすることは重要です。ただ、SEOを行わなければ検索エンジンに見つけてもらえなかったり、サイトを評価してもらえなかったりします。SEOは成果を出すまでに時間がかかる施策ですが、パフォーマンスの最大化には不可欠です。

難しい場合は記事代行サービスの利用も効果的

ここまで、Webライティングの失敗例や失敗しないポイントについて紹介していきました。もしここまで読んでWebライティングが難しいと感じたなら、記事代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか?

記事代行サービスとは、名前の通り自社サイトのコンテンツを代わりに作成してくれるサービスのことです。記事代行サービスには、制作会社へ依頼する方法とクラウドソーシングを活用する方法の2種類があります。

制作会社なら相談もしやすく品質も高い

制作会社に依頼する場合は、高品質な記事を期待できます。窓口は営業担当者になるので、事務的なやり取りもスムーズになるでしょう。料金プランなども用意されていることが多く、出来上がりのイメージも掴みやすいです。

クラウドソーシングなら低コストで作成できる

クラウドソーシングを活用すれば、制作会社よりも低コストで作成できるでしょう。クラウドソーシングには個人のライターが多く、制作会社に依頼するよりも安くなります。人によってはプロのライターとして活躍している人もいるので、クオリティーも期待できます。

まとめ

この記事では、Webライティングで失敗しない方法について紹介していきました。ターゲットやユーザーニーズの理解が浅いままコンテンツを作成してしまうと、的外れなコンテンツになってしまうことがあります。またゴールを設定していないと、ユーザーにアクションを起こしてもらいにくくなるでしょう。

Webライティングでは、ユーザーニーズを理解し、構成案を作成してコンテンツの方向性をあらかじめ定めておくことが重要です。またSEOやPREP法などのスキルを身に着けることで、より読みやすいコンテンツになるでしょう。

いきなり完璧なコンテンツを目指す必要はありません。できることを少しずつ取り入れていることで、ライティングのスキルを身に着けられます。初心者の方は、この記事でご紹介したポイントをぜひ今後のライティングで取り入れてみてください。

どうしても不安な人はマトレルへご相談ください。ライティングに関する相談は、お問い合わせから気軽に聞いてくださいね。

この記事の監修者

マトレル ナレッジ運営

    関連記事

    PAGE TOP