費用 WEB制作

フリーランスへのホームページ作成依頼時の相場は?依頼前の確認内容も紹介!

SHARE

フリーランスにホームページ制作の依頼を検討しているけど、料金相場はどれぐらいなのだろうと悩んだ経験はありませんか。

フリーランスは依頼にかかる費用が安いと聞いていると、具体的に必要な料金について気になりますよね。

そこで、今回はホームページ作成をフリーランスに依頼する際の相場や依頼するメリットについて、徹底解説していきます。

また、依頼時のクオリティ面で不安な面もある方向けに、フリーランスにホームページ制作を依頼する際に確認すべきことも紹介しています。

本記事で取り上げた内容を参考にして、ホームページ制作の一助にお役立てください。

ホームページ作成をフリーランスに依頼する際の相場

ホームページ作成をフリーランスに依頼する際の相場は、以下の通りです。

専業スキルや実績が豊富なフリーランス50万円程度
勉強中のフリーランス10万円 ~ 30万円程度
副業スキルや実績が豊富なフリーランス30万円 ~ 40万円程度
勉強中のフリーランス数万円 ~ 10万円程度

また、ホームページ制作は「ページ数」「デザイン」「追加機能」の3点で相場が変動します。

ホームページ制作の相場が決まる要因

ホームページ制作の相場が決まる主な要因は、以下の3点です。

  • ページ数
  • デザイン
  • 追加機能

ホームページ制作のページ数が多くなるほど完成までに工数がかかるため、作業時間分の費用が高くなります。

次のデザインは、独自性を活かしたホームページ制作を希望する場合に、HTMLとCSSのコードを使用して初期段階の作業からホームページ制作を依頼するケースです。

細かな部分のデザインにこだわる部分、一般的なフリーランスに依頼する際の相場より高くなる傾向があります。

また、最近はホームページ制作ツールによってテンプレートが用意されており、オリジナリティを生かしたホームページ制作は価値が高まっていると言えるでしょう。

3つ目の追加機能は、お問い合わせフォームや決済機能などのツールを導入することです。

システム開発の費用が追加されるため、通常料金より高い費用がかかる傾向があります。

費用を抑えたい場合はフリーランスがおすすめ

ホームページ制作費用を抑えたい場合は、優秀なフリーランスに依頼するのがおすすめです。

制作会社へ依頼した場合は、オフィスの維持費やバックオフィスの人件費も考慮した価格設定となり、多くの費用が発生するためです。

一方で、フリーランスへ依頼する場合はアフターフォロー面の費用を削減することができ、制作費用を安く抑えられます。

高いスキルを保有しているフリーランスを見つけることで、継続依頼を通して、納品物の品質面における不安を乗り越えることもできます。

ただ、優秀なフリーランスの人材は引く手あまたで依頼を引き受けているため、簡単には継続依頼できないケースもあるかもしれません。

不定期な依頼状況が気になる場合は、品質を担保できるWeb制作会社に外注することをおすすめします。

ホームページ作成をフリーランスに依頼するメリット

ホームページ作成をフリーランスに依頼するメリットとして、以下の4点が挙げられます。

  • 費用を安く抑えられる
  • 小さな案件を相談できる
  • 依頼から納品までの期間が場合によっては短い
  • 柔軟な対応が期待できる

それぞれの項目について、詳しく解説していきます。

費用を安く抑えられる

フリーランスへ依頼する場合は、ホームページ制作費用を安く抑えられます。

ホームページ制作費用の内訳は、人件費が多くの割合を占めているためです。

例えば、制作会社の規模が大きくなるほど必要な人数も増加することで、制作費用も高額になる傾向があります。

また、制作会社ディレクターやプログラマー、コーダー、デザイナーなど、幅広い職種が関わることから、企業規模の大きさに比例して制作費用も高額です。

小さな案件を相談できる

フリーランスへ依頼する場合は、小さな案件を相談しやすいのがメリットです。

ホームぺージ制作会社は多くの人数が関わるため、小さな案件の受注で利益を上げにくいためです。

個人で仕事を受注しているフリーランスは、小さな案件でも快く引き受けてもらえる可能性が高いといえます。

長期的な依頼ではなく、少しのデザイン変更や機能追加の作業も手軽に依頼できて便利です。

依頼から納品までの期間が場合によっては短い

フリーランスは依頼から納品までの期間が短く、納品まで完了することができます。

ホームページ制作会社は、大規模な案件を引き受けている受注状況の場合に、提案より遅れた形で農協調整しなければならないケースもあります。

しかし、フリーランスはキャパシティを超える仕事量を受注することは少ないため、依頼から納品までの期間が短く完結できてスピーディーにやり取りが可能です。

個人で活動する身軽なフリーランスだからこそ、持っている強みと言えるでしょう。

柔軟な対応が期待できる

フリーランスは、こちらの要望に柔軟な対応が期待できます。

例えば、当初予定していた納期より短く納品を依頼したい場合は、フリーランスだからこそ前倒しのスケジュールで対応してもらえる可能性があります。

また、作業内容の追加も多少なら柔軟に対応できるケースも多く、依頼者の要望をくみ取ったホームページ制作が実現できます。

一方で、ホームページ制作会社の場合は、各業務を複数の担当者が分担していて、画像やキャッチコピーの変更などでも、追加で料金が発生するケースが少なくありません。

フリーランスは発注者側の要望に応じて、柔軟に対応してもらえるケースが多いです。

ホームページ作成をフリーランスに依頼する際の注意点

ホームページ作成をフリーランスに依頼する際の注意点として、以下の4点が挙げられます。

  • 依頼先によって品質が大きく異なる
  • 必ずしも継続依頼ができない
  • 納期に遅れてしまう可能性がある
  • 依頼先によって不得意な作業内容がある

それぞれの項目について、詳しく解説していきます。

依頼先によって品質が大きく異なる

ホームページ制作の依頼先によって、納品物の品質が大きく異なります。

同じフリーランスに依頼した場合でも、保有スキルによって細かなデザインに関する要望を、実現できるかどうかに影響します。

フリーランスに依頼する場合は費用を安く抑えられるのが最大のメリットですが、納品物のクオリティに不安を感じる人もいるかもしれません。

具体的に保有しているスキルについては、実際に仕事を依頼してみないと分からない部分も多く、依頼先によって納品物のクオリティが変わります。

必ずしも継続依頼ができない

フリーランスに必ずしも継続依頼ができない点を、留意しておくことが大切です。

フリーランスの仕事量によって、継続の可否が大きく分かれるためです。

1人で仕事を行っている分、受注できる仕事量には限界があり、数多くの依頼を受けている人材ならばキャパ以上の仕事は見送るケースが多くあります。

また、契約中でもフリーランスの事情で、廃業してしまうこともあるかもしれません。

そのため、優秀なフリーランスを発掘しても、必ず継続依頼ができるわけではない点に留意しておきましょう。 

納期に遅れてしまう可能性がある

フリーランスは、クラウドソーシングをはじめ、インターネット上で受注から納品までを完結できるため、納期に遅れてしまう人材もいます。

全てではありませんが、フリーランスの中には納期の遅れを報告せず、仕事を途中で放棄してしまうケースもあるようです。

また、当初はスムーズに納品が行なっていたが、スキルを磨いて仕事量が多くなり、納期に遅れるケースもあります。

正社員ではなく、業務委託契約で外部ワーカーとして依頼するため、フリーランスの事情で納期に遅れてしまうことは十分考えられます。

<h3>依頼先によって不得意な作業内容がある</h3>

依頼先のフリーランスによって不得意な作業内容があり、ホームページ制作における得手不得手を、事前に把握しておくことが必要です。

一方で、ホームページ制作会社はさまざまな職種の専門家が携わっていて、幅広い情報をカバーすることができます。

フリーランスは依頼内容によって、納品物の完成度合いや納品の速さが大きく異なります。

ホームページ作成を依頼できるフリーランスの探し方

ホームページ作成を依頼できるフリーランスの探し方として、以下の3つの方法があります。

  • 知人の紹介や口コミ
  • SNS
  • クラウドソーシングサイト

それぞれの項目について、詳しく解説していきます。

知人の紹介や口コミ

優秀なフリーランスを知人から紹介してもらうことで、高スキル人材に依頼することができます。

クラウドソーシング場の発注ではなく知人からの紹介であるため、スキルや技量について把握できて安心です。

注意点として、外注先のフリーランスとの相性を把握するため、事前の打ち合わせはしっかりと行うように意識しましょう。

知人を通して紹介してもらったご縁を大切にし、打ち合わせを丁寧に行うことで、依頼内容のすり合わせがスムーズに出来るかといった、要望のすり合わせの相性も確認できます。

SNS

Twitterをはじめとした各種SNSを活用することで、優秀なフリーランス人材を発見することができます。

Twitterの場合は検索画面で「Web制作 フリーランス」といったワードで検索していくと、理想の人材を派遣することが可能です。

また、有名なWeb制作者のTwitterを優秀なフリーランスがフォローしていることもあるため、探してみるのも一案です。

クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトを介して、フリーランスにホームページ制作を受注することができます。

ホームページ制作が依頼できるクラウドソーシングは、以下の3つがおすすめです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

ホームページ製作を依頼できる点は同じですが、各クラウドソーシングでワーカーの登録者数や品質が異なります。

ホームページ作成をフリーランスへ依頼する際に確認すべきこと

ホームページ作成をフリーランスへ依頼する際に確認すべきことは、以下の3点です。

  • 過去の実績を把握する
  • 料金体系を明確にしておく
  • 依頼する作業範囲を確認しておく

それぞれの項目について、詳しく解説していきます。

過去の実績を把握する

フリーランスにホームページ制作を依頼する前に、過去の実績を確認しましょう。

具体的には、現在依頼を検討している同業種のホームページ制作実績の有無をチェックしておくことで、安心して依頼することができます。

また、クラウドソーシングの応募条件にポートフォリオ提出を求めると、実際の認識と納品物のズレが少なく、最適な依頼先を選定することに繋がります。

過去の実績を把握しておくことで、イメージ通りのホームページ制作へ近づくことができます。

料金体系を明確にしておく

フリーランスに依頼する前に、料金体系について明確にしておくことが大切です。

正社員のような通常の労働環境と異なり、成果物に対して報酬をいただく業務委託形式のため、お互いに良い条件となるようしっかりと話し合っておきましょう。

一例として、初回取引の場合は、制作費用の何割かを前金で請求されるケースがあります。

長期的な案件の場合は、月で割った報酬を毎月支払う契約形態になるケースも考えられます。

そのため、料金体系や支払い方法についてすり合わせておくと、納得した上で仕事に取り組むことができます。

依頼する作業範囲を確認しておく

サイト公開後の運用やメンテナンス対応の有無など、依頼する作業範囲を確認しておきましょう。

ホームページ制作はデザインやコーディングだけではなく、ドメイン取得、レンタルサーバーの契約、公開後の運用管理、アナリティクス設定など、様々な工程が存在します。

フリーランスに案件を発注する場合は、どこまでの仕事内容の範囲なのかを、事前に確認しておきましょう。

まとめ

今回は、ホームページ作成をフリーランスに依頼する際の相場や、依頼するメリットなどについて、徹底解説しました。

ホームページ制作は多額の費用が発生するため、良質なフリーランスに依頼することで、可能な限り低コストでホームページ制作を実現できます。

本記事で取り上げた内容を参考にして、理想のホームページ制作を実現しましょう。

この記事の監修者

マトレル ナレッジ運営

    関連記事

    PAGE TOP