WEB制作

Webサイト制作の相場・費用!まとめ格安ホームページ制作会社はダメ?

SHARE

「集客のためにホームページでも作りたい」「ホームページ制作会社に依頼するといくらかかるんだろう」とお悩みの方はいませんか?

日本国内には数多くのWeb制作会社があり、制作費用には幅があります。

初めて企業のホームページを制作や大規模なリニューアルをしようとしたときに、複数の制作会社にて見積もりを取るケースも多いでしょう。

しかし見積もりの際に魅力的に見える格安Web制作会社には注意すべきポイントもいくつかあります。

本記事ではWeb制作にかかる費用や相場を解説していきます。

Web制作のコストの相場はいくら?

まずはWeb制作会社にホームページを依頼した場合の費用相場を紹介していきます。

ホームページ制作にかかる費用はサイトの規模や依頼する制作会社の規模によっても異なります。

サイトの規模が大きい場合や集客に役立つ動的サイトを作成したい場合には、費用が高額になりがちです。

またサイトの要件が高度で大規模な制作会社に依頼する場合も費用は上がります。

  • 小・中規模の制作会社:10~300万円
  • 大規模の制作会社:300万円以上

また制作会社ではなく個人で営業しているフリーランスに依頼すれば制作費用を下げられる可能性もあります。

Web制作費用は見積もり先や制作したいサイトによって大きく相場が変わります。

複数見積もりを取り、比較検討するのが重要です。

そもそもなぜ格安でWebサイトを制作できるのか

ホームページ制作にかかる費用には幅があり、依頼先によって相場が大きく異なります。

「どうして各社で見積もり金額に大きな差が出るの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

格安でWebサイトを制作できる理由は以下のものが考えられます。

  • 下請けを活用している
  • サイト制作にテンプレートを活用している

格安のホームページ制作を請け負っている会社では、制作時に顧客にいちからヒアリングをしてデザインを決めるケースは少ないです。

自社でサイト設計やデザインのテンプレートを保有しており、顧客から依頼が来たらそれに当てはめて作業を進めていきます。

デザイン設計や実作業を効率化できるので、格安でサイト制作が可能になります。

見落としがちな格安Web制作会社の落とし穴・トラブル例

ホームページ制作のために複数社で見積もりを取ってみると、極端に安い費用で制作してくれる会社が見つかるかもしれません。

一見、お得に見えますが格安でWeb制作を行っている会社には注意も必要です。

注意すべき格安Web制作会社の特徴を紹介していきます。

初期費用0の落とし穴がある

格安でホームページ制作を行っている会社の中には、初期費用0をうたっている会社もあります。

しかし初期費用0の制作会社の多くは、その後のメンテナンスとして月額費用を請求する仕組みです。

初期費用がかからなくても、サイトが完成し運用がスタートしてからは継続的に費用が発生してしまいます。

ホームページは原則として制作後は継続的に運用を続けます。

Web制作会社に依頼するときには、初期費用のみでなくランニングコストも意識してみてください。

公開後の保守・管理をしてくれない

サイトの制作費用が極端に安い会社の場合、制作までのみを担当し公開後の保守や管理をしていないケースも多いです。

ホームページは完成したもののその後の更新作業を自社で行うのは不安ですよね。

  • サイトのSEO対策
  • サイトのコンテンツ制作・管理
  • サイトのオウンドメディアの運用・管理

上記のようにホームページ運用ですべきことはたくさんあり、SEOやサイト制作に関する知識やスキルも必要です。

ホームページの管理が上手くいかないと、せっかく作ったホームページも集客に役立たなくなる可能性があります。

デザインや見た目ばかりにこだわりがち

格安Web制作会社の中には、デザインや見た目にこだわりがちな会社もあります。

制作会社より安い価格でホームページ作りを引き受けているフリーランスの中にも、デザインを最優先としてしまう方は一定数います。

しかし企業がホームページを作成する目的の多くは、集客やブランド力アップではないでしょうか。

デザイン性は高いもののサイトの戦略設計が乏しい場合やサイトに訪れたユーザーが読みにくいと感じる場合もあるかもしれません。

また格安Web制作会社では、顧客へのヒアリングが不十分な場合もあります。

その結果、制作側が顧客の目的やニーズを理解せず、サイト制作を進めてしまうケースもあるでしょう。

SEO対策は未対応

デザイン性を重視したホームページの中には、SEO対策は未対応もしくは不十分なものもあります。

SEOとは検索エンジン最適化の略称であり、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示を目指す施策です。

SEO対策ができていれば、継続的にGoogleやYahoo!から見込み客を集客できます。

SEO対策とWeb制作の作業工程には重複している部分もありますが、違う部分やSEO目的で別途対策すべき内容もあります。

格安Web制作会社の場合、SEO対策を行っていないもしくはSEOに関する知識が乏しい可能性も高いです。

ホームページを制作してもらったものの検索上位には表示されないし、集客もうまくいかないなんて事態になりかねません。

またホームページ制作後に別途、SEOコンサルタントやWebディレクターに依頼をすると制作費用が更にかかってしまいます。

ホームページ作りに失敗しないためには?

ホームページ作りに失敗しないためには、自社のニーズを理解しサイト制作後の運用や管理も任せられる制作会社を見つけるのがおすすめです。

信頼できるホームページ制作会社の選び方を紹介していきます。

SEO対策にも対応してくれる

Web制作を依頼するときには、SEO対策まで行ってくれる制作会社を選びましょう。

ホームページ制作時に、SEO対策を実施しておけばその後に保守や管理をした際に、検索上位表示されやすくなります。

保守・管理の相談にも乗ってくれる

ホームページは制作して終わりではなく、その後の保守や管理も大切です。

保守や管理を行っていない制作会社の場合、ホームページの引き渡し完了後にトラブルが発生しても対応してもらえません。

コンテンツ制作にも対応してくれる

デザインだけでなくホームページ完成後のコンテンツ制作にも対応してくれる制作会社を見つけると、ホームページでの集客がうまくいきやすいです。

  • オウンドメディアの運用
  • 代表者や社員インタビュー記事の作成
  • 自社の商品やサービスを紹介する記事の作成

ホームページ制作会社に上記を依頼できれば、ライターやディレクターを探す手間を省けます。

複数の会社に見積もりを取る

Web制作会社に依頼を検討するときには、複数社で見積もりを取っておきましょう。

ホームページ制作費用は依頼先やサイトの規模によって大きく費用相場が変わってきます。

マトレルでは、無料相談もお受けしています。サイト制作をご検討中の方はお気軽にお問い合わせください。

またWeb制作会社の多くは自社のホームページ上にて過去の実績を紹介しています。

作成したいホームページのイメージと似ているか
過去の実績が多く信頼できるか

上記も意識して検討してみてください。

制作費用の内訳が明確

制作費用の見積もりを取るときには、費用の合計額だけでなく内訳もよく確認しておきましょう。

  • 内訳に不明な個所はないか
  • 極端に費用が高い項目はないか
  • 運用・管理コストについても記載されているか

上記は特に確認しておくことをおすすめします。

契約を結ぶ前に疑問点は全て解消し、納得した上で発注するようにしましょう。

まとめ

ホームページ制作費用の相場は依頼する制作会社やホームページの規模によっても大きく変わります。

制作会社やフリーランスにホームページ制作を依頼するときには、価格のみで比較するのではなく制作会社の過去の実績や各社の特徴を把握しておきましょう。

また複数の制作会社にて見積もりを依頼し比較してみるのも大切です。

費用の安さだけにとらわれてしまうと、肝心の集客効果が見込めないホームページになってしまい費用対効果が悪くなる場合もあります。

マトレルでは大手から中小企業、官公庁まで幅広い実績を持っているので、業種に合ったホームページ制作が可能です。

見積もり相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  • 意味あるコーポレートサイトのリニューアルを。進め方や注意点を詳しく解説

    コーポレートサイト WEB制作
  • Webサイト制作の費用・相場は?格安ホームページ制作会社はダメ?

    WEB制作
  • 美容室のホームページを作成する際の5つのポイント【費用相場もご紹介】

    WEB制作
PAGE TOP