プログラミング

Tech Teacherの口コミ・評価を徹底調査!入会の注意点も解説

SHARE

Tech Teacher(テックティーチャー)は、ITスキルを学ぶ生徒に対して、一人ひとりに合った家庭教師をマッチングする新しい形のプログラミングスクールです。

本記事では、Tech Teacherの評価と口コミについて徹底的に調査し、プログラミングスクール選びの参考になる情報を集めました。

Tech Teacherの特徴や料金、提供しているコース一覧についても詳しく紹介しているため、プログラミングスクールを検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

Tech Teacher(テックティーチャー)とはどんなスクール?

Tech Teacherは、ITスキルを学ぶ生徒にむけて、一人ひとりに合った家庭教師をマッチングさせるスクールです。

教師は東京大学を始めとする難関大学の理系学生・院生・博士や社会人教師が多く在籍しているため、初歩的な学習だけでなく、専門的な課題にも対応することが可能です。

また、担当となった講師が生徒の学習目標に合わせて最適な学習計画を作成するため、オーダーメイドなカリキュラムに沿って学習を進めることができ、完全なマンツーマンで指導を受けることができます。

受講の形態は、オンライン形式やカフェや自宅などの対面形式を選択できるため、人気を集めています。

授業料は受けた時間分だけ後払する「従量課金制」というシステムをとっているため、初期費用は入会金22,000円という点も特徴的です。自分に合った講師を見つけるために、体験授業(初回のみ無料)も設けられています。

学ぶ内容に関してもさまざまなプログラミング言語・ツールに対応しており、特定の学習目的や資格対策としても利用できます。

未就学児の方から社会人の方まで幅広く受講することができる点も、Tech Teacherの特徴の一つです。

Tech Teacherでは一人ひとりの学習内容に合わせて、必要なITスキルを持つ家庭教師を紹介することで、生徒が効率的にITスキルを身につけることができます。

Tech Teacherの良い評価・口コミ

Tech Teacherの良い評価・口コミは下記の通りです。

  • 自分のスキルに合わせたカリキュラム
  • 必要な分だけ学習できる
  • 対面・オンラインを選択できて便利
  • マンツーマン指導で初心者も安心

それぞれ詳しく解説します。

自分のスキルに合わせたカリキュラム

Tech Teacherは、生徒一人一人に合わせたオーダーメイドカリキュラムが採用されているため、自分のスキルに合ったカリキュラムを組むことができます。生徒一人につき専任の教師が一人つくという、完全マンツーマンでの指導を行っており、教師が生徒のレベルや理解度を細かく把握することも可能です。

個々のレベルや目標に沿った学習内容をつくることができ、きめ細かで効率的な指導のもと学習することができるのです。

実際に授業を体験した方の口コミにも、「マイナーな言語を教えていただける先生を紹介してもらった」という声がありました。自分のスキルに合ったカリキュラム、自身の目標に沿った学習内容が提供されていると言えます。

生徒と教師はいわば二人三脚で学習のゴールを目指す必要があるため、相性の良し悪しは非常に大切です。

Tech Teacherでは生徒にとって相性の良い教師を見つけるためにも、体験授業を通して生徒と教師が出会える機会も提供しています。

必要な分だけ学習できる

Tech Teacherでは必要な分だけ学習ができるという利点があります。従量課金制という後払いの料金システムは、Tech Teacherの大きな特徴と言えるでしょう。

料金体系では、受講した時間分だけ授業料を支払うため、無駄な出費を心配することなく学ぶことができます。

30分につき3,960円(または4,400円)となっており、単位時間ごとに区切って、自分の必要な学習時間を決めていくことができます。

従量課金制度では学習者が自分の都合に合わせて、学習時間や受講頻度を調整することができるのです。

「ここまでは自分で学習して、この範囲は先生といっしょにやろう」と、生徒自らが学習内容や学習時間を決めるため、 無駄な時間や費用をかけることなく、効率的に学習を進めることができます。

他のプログラミングスクールで既知の学習内容にうんざりしたことがある人や、無駄がなく効率的に学習を進めたいと考えている人にとって、従量課金制はピッタリのシステムと言えるでしょう。

対面・オンラインを選択できて便利

対面やオンラインなど、授業形態が選べることは、様々な背景を持つ生徒にとって非常に便利です。

体験授業を受けた受講生の口コミを見ても、会社員や医学生、大学生など、生徒たちはそれぞれ異なる生活環境や学習ペースを持っていることが分かります。

対面授業では、生徒は自分の生活スタイルに合わせて、通いやすい場所を選ぶことができます。

自宅だけでなく、学校や仕事帰りに寄れるカフェや、大学のキャンパス内の場所など、学習環境を選ぶことで時間や移動の負担を軽減することができます。

また、オンラインでの学習は移動時間を省略できるため、時間を有効的に使うことができます。

忙しいスケジュールを送る生徒にとっては、オンラインでの授業は必須の選択肢となるでしょう。さらに、地理的制約を受けないため、遠隔地にいる自分にマッチした教師に指導してもらえるという利点もあります。

生徒の細かなニーズにこたえられるため、授業形態が選べることは大きな魅力と言えるでしょう。

マンツーマン指導で初心者も安心

Tech Teacherでは、マンツーマン指導を提供しているため、初心者の方にも安心して学習に取り組むことができます。

一人の生徒に対して専属の教師がつくため、初心者の方でも自分のペースで学ぶことができます。

教師は生徒一人ひとりのレベルや目的に合わせてカリキュラムを設計し、最適な指導を行います。自分が理解したい内容を丁寧に学ぶことができるため、着実にスキルアップできるでしょう。

対面授業のマンツーマンレッスンでは教師が常に生徒の隣にいるため、分からない箇所や疑問点があった場合にすぐに質問することができます。

分からないから学習が停滞するというのは、初心者の学習過程でよくあることなので、質問に値する素早い解答は初心者にとって大きな助けとなります。

 

さらに、生徒は自身の都合に合わせて授業時間や頻度を調整することができます。

忙しい日々の中でも柔軟に学習スケジュールを組み立てることができ、負担なく学習を進めることができます。

Tech Teacherの悪い評価・口コミ

Tech Teacherは必要な分だけ学習できる効率性や授業体系が選べる便利さ、マンツーマン指導という安心感があります。

しかし悪い評価・口コミも一定数存在します。

自分に合ったスクールを見つけるためにも、悪い評価・口コミを参考にすることは非常に重要です。

本項では、Tech Teacherについて、どのような悪い点が指摘されているかを見ていきましょう。

良い評判だけでなく悪い評価も加味した総合的な評価をすることで、自分に合ったスクールかどうかを判断できるようになります。

実績が少ない

Tech Teacherの運営会社が2,000年に設立された比較的新しい組織であることや、受講者の口コミや受講後のキャリアについての情報がほとんど存在しないことから、Tech Teacherの実績が少ないという評価がなされることは否めません。

他の競合スクールと比べて実績や評判を積み上げる時間が少ないことで、実績自体が少ないとみなされることもあります。

さらに、受講者の口コミや受講後のキャリア情報が乏しいことも、実績の少なさと関係あるとみなされることもあります。

運営会社の設立年数や情報の不足は、スクールの質や教育内容の実績と必ずしも直結するわけではありません。

現在のスクールの状況や自分で授業を体験した感想など、総合的に評価して、自分に合うスクールかを判断をすることが重要です。

入学金が高い

Tech Teacherの入会金が高いという悪い評価があります。初回のみですが入会金22,000円が必要となるため、入会時にはまとまった金額が発生します。

入会金は、体験授業後に正式に入会する場合にのみ発生するため、初回の体験授業自体は無料です。

ただし、同一教師の指導を再度希望する場合には、正式な入会手続きを踏む必要があり、その際に入会金が必要となります。

入学金が高いという初回の負担の大きさが指摘されていますが、入会後の授業料は従量課金制であり、実際に受けた時間分だけの後払いとなるため、経済的な負担を抑えることができます。

料金に関しても初期費用だけでなく、継続的にかかる金額も含めた総合的な費用を考慮することが大切です

Tech Teacherのコース一覧

Tech Teacherでは、大人向けのコースとして11種類の講座が用意されています。

JavaScriptやPythonといった初心者にも取り組みやすい言語から、C言語やC ++といった習得の難易度が高い言語も扱っています。

また、プログラミング言語だけでなく、開発環境や業務効率化のためのツール(Excelなど)も学ぶことができます。

大人向けの講座でも多岐にわたりますが、加えて子ども向けの講座も用意されています。

講座数の多さやその種類の幅広さをとっても、Tech Teacherの提供する講座は他のスクールに引けを取りません。

Python講座

Pythonは世界でも人気のあるプログラミング言語ですが、一人で学習を進めたり開発をするには難しい部分もあります。

Tech TeacherのPython講座では、大学の課題提出のサポートや、持ち込み教材を用いた指導、ライブラリの使い方や関連知識の解説など、学習成果を最大化するサポートを提供しています。

レベル別での指導もあり、初心者向けの指導として、エラーの対処やライブラリの使い方をはじめ、変数・関数・クラスの学習や参考書の解説、機械学習の知識習得が学べます。

また、ビジネスマン向けの指導としては、データ分析やWebスクレイピング、Excel操作の自動化やOS操作(フォルダやファイル操作)といった仕事に直結する知識・技術が学べます。

さらに、開発を目指している方でも、自然言語処理や画像処理、音声処理を学ぶことができるため、Python講座は個人の目的に応じた幅広い学習内容になっています。

R言語講座

R言語は、主にデータ解析や機械学習を行う場面で活用されています。JavaやC#などの汎用プログラミング言語とは異なり、統計解析に特化したプログラミング言語となっています。

Tech TeacherのPython講座では、R言語を学ぶ過程で、統計学、検定、記述統計、グラフ表示といったデータ解析の方法を身につけることができます。また、クラスタリング、データ予測、テキストマイニングといった機械学習にも対応しています。

初心者向けの指導もあり、基礎的な文法、ライブラリの使い方、変数・関数の学習、参考書、他の講座解説を学ぶことができます。

R言語はデータ解析や機械学習を行う上で必要なスキルであるため、この講座を通して幅広い分野で活躍する人材になれるでしょう。

ハードルが高く感じるかもしれませんが、初心者から上級者まで幅広く対応し、個人の目的に合わせた学習内容を提供しているので、データ解析や機械学習に興味のある方は、ぜひR言語講座に参加してみてはいかがでしょうか。

MATLAB講座

MATLABは、数値解析ソフトウェアとプログラミング言語の統合開発環境であり、豊富なライブラリや機能を備えており、データの可視化や機械学習、統計解析、AI開発、IoT開発など幅広い領域で活用されます。

本講座では、初心者向けにエラーの対処や構文、変数・関数の学習、演算子と基本的な演算の学習、参考書の解説を提供しています。

また、データ解析を学びたい人には、データクリーニング、平滑化、グループ化、記述統計、2次元・3次元グラフィックスが用意されており、機械学習については転移学習や0からのアルゴリズム開発、アプリケーション開発が学べます。

MATLABの講座を受講することで、MATLABの基礎から応用まで幅広く学ぶことができるため、初心者から上級者におすすめのコースです。

MySQL講座

MySQLは、世界的に多くの企業で使われているデータベース管理システムです。

大量のデータを高速に処理できるため、人気が高く、使いやすい機能が豊富に備わっていることから、Webサービス開発やデータを扱う仕事で大いに役立ちます。

MySQLを学ぶことで、Webサービス開発に携わることができるだけでなく、データベースを扱う仕事でも活躍することができます。

MySQLの講座では、初心者に向けて、データベースの基礎から学べるため、人気の講座です。

MySQLを学ぶ上で欠かせないのが、SQLという言語です。

MySQLの講座では、SQLを用いながらMySQLの操作方法を学び、Webサービスのデータベースを操作するスキルを身につけることができます。講座は初級から上級まで幅広く用意されており、自分のスキルに合わせて学習を進めることができます。

Excel講座

エクセルは、様々な計算や分析を行うことができるソフトウェアで、世界中で広く使われています。

様々な計算式や機能を使えば、簡単に答えが出せるため、ビジネスシーンでも欠かせないツールです。

エクセル講座では、データ分析や業務効率化のためのスキルアップが学べます。

基本的な内容としては、ピボットテーブルの使い方や関数・グラフ作成、データの集計といった項目があります。また、業務に役立つデータの自動転記やVBA・マクロの操作、資料作成なども学ぶことができます。

さらに、エクセル講座ではMOS資格取得のための学習も用意されています。

MOS資格は、ビジネスシーンで必須のスキルを網羅しているため、自身の業務改善スキルを高めたい方にもおすすめです。

C言語講座

C言語とは現在広く用いられているプログラミング言語の中でも比較的長い歴史を持つ言語です。

様々なプログラムを作ることができる汎用性のある言語として知られています。

具体的に使用される機会としては、家電製品や自動車の制御に使われたり、ゲーム開発やOSやソフトウェアの作成と様々です。

言語の歴史が深く汎用性が高いということは、開発者に広く深い知識が求められるため、初心者にとっては習得難易度が高い言語となっています。

C言語の講座では、独学でC言語を習得することに限界を感じている、C言語の授業をとっているが内容が全然理解できないと言った悩みに対して、一人ひとりの学習状況や目標に合わせて個別カリキュラムで学ぶことができます。

C++講座

C++は、C言語にオブジェクト指向を追加した言語であり、PythonやPHPなど他のオブジェクト指向の言語に応用することができます。

高度な処理を実現できるため、アプリケーションや大規模業務システム、LinuxなどのOS、ゲーム機を制御するソフトウェア、IoT機器のソフトウェア、データ解析処理や統計など高速な処理が必要なシステムなど、さまざまなサービスで利用されています。

C++もC言語と同様に、独学では限界を感じたり、授業を受けていても内容についていけなかったりという悩みを抱える方が多いです。

上記のような方にとって、個別カリキュラムで学ぶことができて、一人ひとりの学習状況や目標に合わせて最適な学習プランを提供してくれる、C++言語のコースがおすすめです。

Java講座

Javaは、プログラミング言語の中でもエンジニアからの圧倒的な支持率とシェア率を持ち、常に人気の高い言語です。

汎用言語であるJavaで開発されているシステムは、Webサービスから業務系システム、組み込み、スマホアプリまで多岐にわたり、さまざまな分野の開発現場で採用されています。

Javaを習得することで、様々な開発に携われるため、エンジニアを目指す際にJavaを習得することを考える人も多いでしょう。

Java講座では、基礎から応用まで幅広く学ぶことができます。アプリや会員管理システム、Webサービスを作ってみたい人に向けて、自由に学ぶことができる学習環境を提供しています。

また、実践的なプロジェクトを通じて実践力を身につけることもできるため、Javaのスキルアップに興味がある方は、ぜひこの講座を受講してみてください。

JavaScript講座

JavaScriptは、当初はWebサイトに動きをつけるために開発された言語です。

HTMLやCSSと組み合わせて使用することで、ウェブサイト上における動的なコンテンツを作成することができます。

そのため、JavaScriptを学ぼうとしている方には、Web上の動作を自分の思い通りに表示させたい、HTML5を組み合わせて用途の幅を広げたい、Web上で遊べるアプリやアクションゲームを作りたいという目的があります。

Tech teacherのJavaScript講座では、個々の目的に合わせた柔軟なカリキュラムで、JavaScriptの基礎から応用までを学ぶことができます。

JavaScriptは今後ますます重要性が高まる言語であり、Web開発において必要不可欠なスキルとなっています。この講座でJavascriptを基礎からしっかりと学習し、自分のスキルアップにつなげてみてはいかがでしょうか。

CAD講座

CADは、コンピュータ支援設計(Computer-Aided Design)の略称で、コンピュータを使用して製品や建築物などの設計を行うための技術やツールの総称です。

CADを使用することで、デジタル環境での模型や図面の作成、3次元の視覚化や設計の詳細化、解析やシミュレーションなどを行うことができます。

CADによって設計プロセスの効率化や正確性の向上、コスト削減などの利点が得られるため、産業分野において必須の技術です。

CADの講座では、ソフトの知識・技術を基礎から応用まで幅広く学べるだけでなく、CAD利用技術試験や建築CAD検定のサポートも受けられる体制が整っています。

今後ますます需要が高まることが予想されるCADを、講座でしっかり学習するのもおすすめです。

Tech Teacherの料金

Tech Teacherでは受けた分だけ後払いする「従量課金制」というシステムを採用しています。よくある先に支払って受講するシステムとは異なるので、やや注意が必要です。

【体験授業料】
初回の体験授業は無料ですが、2回目以降は1回2,420円がかかります。同一教師の指導を再度希望する場合は、正式な入会手続きを踏む必要があります。

【入会金】
初回のみ入会金22,000円を支払います。家族の誰かが入会すれば、他の家族は入会金無料となります(有効期限はありません)。体験授業後に正式に入会することが決定して初めて、入会金が発生します。

【授業料(オンライン・対面共通)】
受けた時間数によって金額が変わるため、後払いとなります。

・学生教師コース(難関大学生や修士・博士課程が指導):30分あたり3,960円

・社会人教師コース(現役エンジニアやプロ教師が指導):30分あたり4,400円

【教師交通費】
教師の自宅もしくは学校からの最短経路使用時の実費が発生します。教師の定期券の範囲や定期券の期間内の交通費は発生しません。オンライン指導の場合も交通費はかかりません。

Tech Teacherの特徴

Tech Teacherは、専属の担当教師による完全マンツーマンレッスンを提供していることや、従量課金制を採用していること、東大をはじめとする難関大学の講師や社会人教師が多く在籍していることなど、他のプログラミングスクールとは違ったさまざまな特徴があります。

Tech Teacherが本当に自分に合うスクールであるのか、確実に目的を達成できる学習カリキュラムであるのかを吟味することはとても大切です。

先述の内容も踏まえて、Tech Teacherの特徴を4つに絞ってご紹介します。

家庭教師によるマンツーマンレッスン

Tech Teacherでは、専属の担当教師による完全マンツーマンレッスンを提供しています。

マンツーマンレッスンでは一人の生徒に一人の教師が対応する指導形態であるため、さまざまなメリットがあります。

例えば、教師がフルオーダーメイドで授業を設計するため、生徒一人ひとりのレベルや目的に合わせた最適なカリキュラムで学習を進めることができます。

生徒は必要な内容だけを学ぶことができるため、無駄な時間や労力を使うことなく、効率的にスキルアップできます。

また、すぐそばに教師がいるため、生徒は分からないところをその都度質問することができ、滞りなく学習することができます。教師がつききりになるため、生徒は疑問点を解消して理解を深めることができます。

さらに、生徒は自分の都合に合わせて授業時間や頻度を調整できます。これにより、忙しい日々の中でも柔軟に学習することができます。

マンツーマンのレッスンでは教師との相性が重要ですが、体験授業によって教師を吟味することができるので、自分に合った教師を選ぶことも可能です。

重量課金制の料金

Tech Teacherでは、受けた分だけ後払いする「従量課金制」を採用しています。

このシステムは、先に支払って受講するシステムとは異なり、受講した時間分だけ支払うため、無駄な出費を抑えることができます。

また、生徒は自分の都合に合わせて、受講時間や頻度を調整できるため、無駄な時間や費用をかけることなく、効率的に学習を進めることができます。

Tech Teacherの従量課金制は、学生教師コース(難関大学生や修士・博士課程が指導)は30分あたり3,960円、社会人教師コース(現役エンジニアやプロ教師が指導)は30分あたり4,400円となっています。

30分ごとに料金が追加される形となるため、60分や90分といった区切りで学習時間が決定されます。

Tech Teacherの従量課金制は、無駄な出費を抑えることができるため、経済的な面でも多くのメリットがあります。また、生徒は自分の都合に合わせて学習を進められるため、学習効率もアップ間違いなしです。

従量課金制が特徴であるTech Teacherの料金システムは、効率的かつ経済的に学習を進められるものであると言えます。

東大出身の講師が在籍

Tech Teacherには、東京大学を始めとする難関大学の理系学生・院生・博士が多く在籍しており、専門的な課題にも対応が可能な講師が揃っています。

高度な知識と豊富な経験を持ち合わせた教師たちなので、生徒の学習目標に合わせて最適な指導を提供することができます。

また、Tech Teacherには社会人教師も在籍しています。現場で実際に働いているエンジニアであるため、実務的な課題にも対応できます。

社会人教師は、実際の業務経験やプロジェクトで培ったスキルやノウハウを生かし、生徒に実践的なアドバイスや指導を提供することができます。

このように、Tech Teacheには東大をはじめとする難関大学の講師や社会人教師が多く在籍していることで、生徒は高度な専門性と実践的なスキルを兼ね備えた指導を受けることができます。

また、教師選びは学歴だけではなく相性も重要です。自分の目標や性格に合わせた最適な講師を選び、専門的な知識やスキルを身につけることは、効率的な学習と確実なスキルアップに必須と言えるでしょう。

追加費用が発生しない

Tech Teacherでは、従量課金制を採用しており、受けた分だけ後払いとなるため、追加料金が発生することはありません。また、生徒自身が使っている参考書などを使用するため、Tech Teacherによる教材の購入も必要ありません。

初回の体験授業は無料で受けることができ、2回目以降は1回2,420円がかかるのみです。

初回に入会金22,000円が発生しますが、家族の誰かが入会すれば、他の家族は入会金無料となります(有効期限はありません)。

授業料は、学生教師コースと社会人教師コースがあり、受けた時間数によって金額が変わるため、後払いとなります。

学生教師コースは、難関大学生や修士・博士課程が指導し、30分あたり3,960円です。社会人教師コースは、現役エンジニアやプロ教師が指導し、30分あたり4,400円です。

教師交通費についても最低限の費用が発生するのみで、オンライン指導の場合は交通費がかかりません。

このように、Tech Teacherでは必要最低限にとどめた料金で安心して受講することができます。

Tech Teacherの注意点

Tech Teacherにはマンツーマンレッスンや魅力的な講師陣、後払いと言う無駄の出ない料金システムなど、多くの魅力があります。

しかし、本当に自分に合ったプログラミングスクールを選ぶには、自分にとって不都合な点がないかを確認することも重要です。

Tech Teacherの注意点は、下記の通りです。

  • 自前のPCが必要
  • 入学金がかかる

Tech Teacherは総じてメリットの多いスクールと言えますが、それでも注意する点がいくつかあります。本項では、自分でパソコンを用意する必要があること、入会金がかかることの2点を解説しますので、スクール選択の参考にしてみてください。

自前のPCが必要

Tech Teacherでは、家庭教師を派遣する(オンラインで指導する)というサービス形態をとっています。

そのため、生徒は自分自身でパソコンを用意する必要があります。

他のスクールでは、教室の備え付けを使ったり貸与されたりすることも多いですが、Tech Teacherでは自前のパソコンが必要なので事前に準備することを忘れないでください。

また、勉強したい内容に合わせて最適なスペックのパソコンを準備することも大切です。

パソコンのスペックによっては、授業中に不具合が発生する可能性があるため、事前に推奨スペックを確認することをお勧めします。

学ぶ内容に合わせて適切なスペックのパソコンを選ぶことで、スムーズな授業を受けることができます。

パソコンのスペックについてもある程度の知識を要求されますが、知識もITスキルのうちの一つです。

自身で必要な情報を収集し、必要な道具を用意する(パソコンを用意する)ことから、プログラミングの学習が始まっていると言っても過言ではありません。

入学金がかかる

Tech Teacherでは、従量課金制を採用しています。

授業時間に応じて料金が発生するため、受けた分だけ後払いとなります。

これは無駄な費用を省くことができるため、とても経済的な料金システムだと言えます。

しかし、初回のみ入会金22,000円が必要となるので、入会時にはまとまった金額が発生することを覚えておく必要があります。

入会金は、体験授業後に正式に入会することが決定して初めて発生します。初回の体験授業は無料ですが、同一教師の指導を再度希望する場合は、正式な入会手続きを踏む必要があります。

1回目の体験授業後に同じ教師を希望する場合は、入会金が発生しますが、同じ体験授業でも違う教師を選ぶ場合は、まだ正式な入会ではないため、入会金は発生しないことを念頭に置きましょう。

Tech Teacherは無料体験授業を実施中

Tech Teacherは、現在無料体験授業を実施しています。

担任となった教師が生徒の学習目標に合わせて最適な学習計画を作成し、完全マンツーマンで指導するため、確実にプログラミングスキルを身につけたい方にはピッタリのスクールです。

ほかにも、オンライン受講やカフェやご自宅などで対面受講など受講形態や場所が選べたり、入会後の授業料は授業時間分だけ発生する後払いのシステムを採用していたりと、Tech Teacherは経済的かつ効率的に学習を勧められるサポートを提供しています。

自分に合ったプログラミングスクールを探すためには、そこで行われている授業を自分で体験することが大切です。

実際に教師と対話し、学習カリキュラムを体験することで、このスクールが自分に合っているのかを判断することができます。

Tech Teacherでは一回目の体験授業が無料、2回目も2,420円とお手頃価格となっているため、プログラミングの家庭教師に興味のある方は、体験授業を受けてみるのがおすすめです。

関連記事

  • TechAcademy (テックアカデミー) の評価や口コミを調査!

    プログラミング
  • CODE×CODEの悪い評価・口コミは?コースや料金を徹底解説

    プログラミング
  • IT道場の評価・口コミは?初心者でもプログラミング習得できるか解説

    プログラミング
PAGE TOP