採用サイト WEB制作

中途採用者向けの採用サイトは必要?制作意義や転職サイトとの違いも解説!

SHARE

中途採用者向けのリクルートページを制作したいけど、転職サイトに登録しているから、制作の必要性や意義はあるのだろうかと悩んだ経験はありませんか。

採用サイトの制作は手間と費用がかかるため、できる限り最小限の労力で、社員の負担を軽減したいですよね。

今回は上記の悩みを解決するために、中途採用者向けサイトの制作意義、中途向け採用サイトと転職サイトの違い、掲載すべきコンテンツについて、理解を深められるようにまとめました。

本記事を参考にして、魅力的な採用コンテンツの設置で求める人材の採用につなげましょう。

中途向け採用サイト制作の必要性

中途向け採用サイト制作の必要性について、悩んでいる担当者も多くいます。

近年では、採用サイトを発信源として、常に中途採用に関する情報掲載が必要です。

中途向け採用サイト制作は、正確な情報を的確に伝え、求職者が知りたい情報を網羅できることにつながります。

常に中途採用に関する情報掲載が必要

採用サイトを発信源として、常に中途採用に関する情報掲載が必要です。

中途採用は新卒採用サイトと違い、求める人材が応募できるチャンスや入り口といった役割があるからです。

例えば、決まった時期において大量採用を実施する新卒採用と異なり、中途採用の場合は優秀な人材に視点をフォーカスして、人材を獲得することが最重要目的です。

ただし、中途採用希望者がいつ頃から転職活動を始めるかまで、予測することは難しくなります。

上記の理由から、新卒者と異なった中途採用者向けの情報発信を、採用サイトを通して常設することが必要です。

正確な情報を的確に伝えられる

中途採用向けのサイト制作を行うことで、正確な情報を的確に伝えられる機会が作れます。

一般的に使用されている転職サイトは文字数制限やデザインの規制があり、大まかな仕事内容の記載に留まることがあるからです。

一例として、企業側の情報発信が不足したことにより、採用後のミスマッチが起こるケースもあります。

採用後のミスマッチは、企業と社員の双方が避けたい結果で、中途採用向けのサイト制作の実施で予防する効果も期待できます。

有能な人材をロスタイムなく確保するために、企業の公式サイトを通して、中途採用向けの情報を発信しましょう。

求職者が知りたい情報を網羅できる

中途採用向けのサイトを通して、求職者が知りたい情報を網羅できることにつながります。

求職者は募集要項に掲載されていない、詳しい情報を求めていることが多いからです。

具体的には、従業員の雰囲気や、企業理念に共感できるかといった点を、慎重に確認している求職者が多いようです。

中途採用を希望する多くの人材は、前職の勤務経験を踏まえて、入社後の働き方やキャリアが具体的にイメージできる企業を選ぶ傾向があります。

一般的な転職サイト内の情報では、具体的かつ深掘りした情報が得られず、求人応募に繋がりにくいです。

求職者に具体的な情報を提供できる、サイト制作を心がけましょう。

中途向け採用サイトと転職サイトの違い


中途向け採用サイトと転職サイトの違いとして、

  • 長期的な採用コストの削減が実現できる
  • デザインが画一化されない
  • 掲載制限なく自社の魅力を深堀り発信できる

    があります。

    長期的な採用コストの削減が実現できる

    中途向け採用サイトの制作で、長期的な採用コストの削減が実現できます。

    初期費用として求人サイト制作費が必要ですが、長期的な運用を視野に入れると、求職者とのミスマッチが抑制されて定着率が高まり、結果的に採用活動の実施回数が減ることにつながるからです。

    具体的に得られるメリットとして、求人サイトに自社求人を同時掲載していても、採用サイトからの採用率が上がるにつれて、何社もの求人サイトに出稿する費用を抑えられます。

    中途向け採用サイトの長期的な運用を目指すことで、求人サイト掲載より得られる効果があります。

    デザインが画一化されない

    中途向け採用サイトの制作は、転職サイトのように他社とデザインが画一化されない点がメリットです。

    採用ページのデザインは、他社との差別化を意識した視覚的なイメージが大きく影響するからです。

    例えば、 企業のコーポレートカラーやフォントなど、文字装飾を含めた統一感があると、安心や信頼感を得ることにつながります。

    企業カラーを意識して取り入れ視覚的に訴えつつ、企業独自のコンテンツを掲載することで、明確なオリジナリティが生まれます。

    企業イメージに合ったデザインで統一感を表現できるのが、メリットの1つです。

    掲載制限なく自社の魅力を深堀り発信できる

    中途向け採用サイトは掲載内容に制限がなく、自社の魅力を深堀り発信できます。

    転職サイトは文字数の制限が設けられており、仕事概要の詳細やリアルな現場情報を記載するスペースが少ないからです。

    具体的には、下記の項目を自由に組み合わせることができます。

    • 会社紹介
    • 募集要項
    • 選考ステップ
    • 仕事内容
    • 研修内容
    • 社員インタビュー
    • 産休・育休取得率
    • 有給取得率

      中途向け採用サイトの運用で掲載コンテンツを自由にアレンジでき、自社の魅力を最大限に発信しましょう。

      中途向け採用サイト制作で意識すべきポイント

      中途向け採用サイト制作で意識すべきポイントとして、

      • 獲得したい人材の要件を明確にする
      • 求職者目線のコンテンツ制作を意識する
      • シンプルかつ独自性を感じるデザイン設計

        があります。

        獲得したい人材の要件を明確にする

        獲得したい人材の要件を明確にしておきましょう。

        優秀な人材へ効果的にアプローチするためには、獲得したい人材を具体的にイメージすることが大切だからです。

        例えば、堂々と取引先でプレゼンできる人材、現状を打破するために積極的に提案できる人材など、どんな人材が必要なのかを明確に定義しましょう。

        要件の決定後、求める人材のニーズに応じて、コンセプトや掲載するコンテンツなどを順序立てて、中途向け採用サイトの設計がしやすくなります。

        求職者目線のコンテンツ制作を意識する

        求職者目線のコンテンツ制作を意識しましょう。

        求職者が知りたい情報と企業側が掲載したい内容は相違点があり、求職者に寄り添ったコンテンツ制作の有無で、有能な人材が確保できるチャンスを広げることができるからです。

        一例として、サイト全体のみやすさ、情報が伝わりづらい部分がないかなどの点に細部まで気を配り、求職者のニーズに応えたサイト設計やコンテンツ制作を心がける姿勢が大切です。

        他には、採用パンフレットや各種資料のダウンロードがしやすいか、文章のみで理解しにくい箇所は図解で分かりやすく表現しているかなども、求職者の視点からコンテンツ制作を工夫していると言えます。

        シンプルかつ独自性を感じるデザイン設計

        シンプルかつ独自性を感じるデザイン設計を意識することで、他社企業と差別化を図ることができます。

        求人サイトでは掲載できない仕事内容を、動画や写真を用いて分かりやすい説明ができるからです。

        対して、わかりにくいデザインを採用したサイトでは、訪問者がページ閲覧の際に欲しい情報を把握しにくいため、離脱率が上昇しやすい可能性があります。

        できる限り不要なデザインや装飾を削ぎ落とし、詳細を表現したい部分は文章量を増やすなど、メリハリをつけたデザインが分かりやすく効果的です。

        また、近年における採用ページのトレンド傾向として、視覚的なデザインも影響があります。

        中途向け採用サイトに掲載すべきコンテンツ

        中途向け採用サイトに掲載すべき主なコンテンツとして、以下の6つが代表的な内容です。

        各項目の重要ポイントについて理解し、自社の良さを表現できるコンテンツ作りを目指しましょう。

        採用メッセージ

        優秀な人材獲得にフォーカスするなら、採用メッセージに重点を置きましょう。

        会社の事業指針や具体的に達成したい事柄、理想の人材などを採用メッセージとして表現することで、仕事への適性がある従業員の採用へとつながるからです。

        一例として、仕事へのパッションがある求職者に応募を働きかける場合は、心を突き動かすような力強いメッセージを、トップページに表示すると効果的です。

        募集要項

        仕事内容や応募条件、採用条件、労働条件など各情報を明記しておきましょう。

        募集要項を具体的に明確に示しておくことで、中途採用者の入社後におけるミスマッチが予防できるからです。

        例えば、募集要項が記載されていない求人を掲載していたら、優秀な人材が目の前にいて採用のチャンスがあっても、応募を躊躇してしまう事態になりかねません。

        募集要項を明確に示しておくことで、最適な人材とのマッチングが実現できます。

        社風

        社内の雰囲気を伝えることも、採用サイトにおける重要なポイントです。

        近年の求人トレンドとして、実際の従業員が働いている様子やインタビューなどを確認し、入社後に馴染める企業なのかという点を判断することが多いからです。

        例えば、文章で仕事内容を説明すると、事務的な硬い印象を与え、企業の本来の雰囲気が上手に伝わらないことになります。

        「Wantedly」や「note」など外部サービスで社員ブログを活用し、カジュアルな社風を伝えることも検討すると、読みやすいデザインで社風を紹介できます。

        外部サービスを活用し、本来持っている社内の雰囲気を、伝えられるよう工夫しましょう。 

        経営者からのメッセージ

        経営者からのメッセージを、写真付きで公開することも大切です。

        従業員として働く場合に、経営者の考えを理解することが求められるからです。

        具体的には、社長メッセージをインタビュー形式で掲載すると、代表者としての堅苦しいイメージを払拭でき、求職者の親近感が湧くきっかけとなります。

        社長自らの中長期的なビジョンや求職者への言葉を掲載し、採用に対する熱意を伝えましょう。

        キャリアパスや福利厚生

        キャリアパスや福利厚生についても明記しておくことで、求めている素質を持った中途採用者の採用が期待できます。

        新卒者とは異なり、中途採用者はキャリアパスを考慮した上で入社したい企業をリサーチする傾向があるからです。

        例えば、入社後何年くらいに、どのポジションで、どういった活躍ができるのか、実例の社員を取り上げて紹介しましょう。

        他には、社内研修制度やキャリアアップ制度がある場合は、合わせて照会することで、昇進するチャンスがある環境に意欲的になる人もいます。

        また、評価制度の概要や評価の仕組みを明確に記載すると、将来の自分をイメージしやすくなります。

        どの点を評価するのか、評価制度の管理体制などを、わかりやすく記載しましょう。

        そして、福利厚生の充実度も、応募の有無に左右されます。

        具体的な福利厚生の内容について、できるだけ記載していきます。

        自社独自の制度がある場合は、紹介すると他社との差別化につながります。

        選考ステップ

        中途採用者の多くは働きながら転職活動を実施しているため、選考ステップを記入しておきましょう。

        選考スケジュールを事前に周知しておくことで、柔軟にスケジュールが合わせられるからです。

        具体的には、選考にかかる時間、選考ステップ、面接の実施時期などについて、事前に知らせておくと親切です。

        選考ステップを求人に明記しておきましょう。

        中途向け採用サイトの制作方法

        中途向け採用サイトの制作方法として、

        • 社内で制作する
        • 制作会社に依頼する

          があります。

          社内で制作する

          中途向け採用サイトを社内で制作する場合は、ある程度のWebに関する知見が必要です。

          一定レベルのサイト構築は、ホームページ制作ツールを活用すると可能ですが、社用の中途向け採用サイトは、本格的なサイト制作スキルが必須だからです。

          例えば、ツールの使い方やデザイン、SEO知識など、幅広いスキルが求められます。

          また、同時にスキル向上に向けた学習機会を設ける必要があるため、最終的なホームページ制作まで多くの労力を費やすことにもなります。

          制作会社に依頼する

          中途向け採用サイトを制作会社に依頼するのも一案です。

          社内で制作する場合より、専門の制作会社に依頼すると、短時間で自社の注文に応じた採用サイト制作が実現できるからです。

          例えば、制作会社に依頼する場合は、サイト制作へ求めるクオリティに応じて、発生する費用に大きな差があります。

          必要最低限の内容で想定すると、25~40万円の価格で依頼できるケースが多いようです。

          社内で採用サイトの制作を進めていくことが難しい場合、ホームページ制作会社への依頼を視野に入れましょう。

          まとめ

          今回は、中途採用者向けサイトの制作意義、中途向け採用サイトと転職サイトの違い、掲載すべきコンテンツ、中途向け採用サイトの制作方法について解説しました。

          転職サイトだけではなく中途採用者向けサイトの必要性が、近年において求められている傾向があります。

          本記事で取り上げた内容を参考にして、魅力的な採用ページの作成をはじめましょう。

          この記事の監修者

          マトレル ナレッジ運営

            関連記事

            PAGE TOP