オウンドメディア SEO ライティング コーポレートサイト WEB制作

Webライティングはどう依頼する?絶対的な成果が出る記事の頼み方

SHARE

企業でオウンドメディアや自社サイトを運営する場合、コンテンツの質を意識する必要があります。しかし、定期的に質のいい記事を更新するのは負担が大きく、思うような成果を出せていない企業も多いのではないでしょうか。

コンテンツを充実させ確実な成果を出すために、Webライティングを外注する企業も増えてきています。初めて依頼する場合にはどこに依頼すればいいのか分からず「安価に依頼できるところはどんなところなのか」「ライティング技術の高い依頼先はどこなのか」など迷ってしまいます。Webライティングを外注する場合、大きく分けて4つの依頼先があります。

ここでは、成果の出るWebライティングの依頼方法や外注する際の注意点などを紹介します。

Webライティングを依頼するメリット


ライティングやSEOに関するノウハウや経験を持った人に依頼することで、確かなクオリティを期待できます。自社にライティング技術やコンテンツ制作に関する知識がなくても、質の高いコンテンツを制作することが可能になるメリットがあります。

他にも、社内業務に専念できるため生産率が上がり、人件費の削減などが可能です。企業が自社サイトを運営する最終目的は「質の高いコンテンツを作ること」ではありません。自社の利益を上げ、より良い商品やサービスを提供することです。そのため、コンテンツ制作に多くの人員や時間を割いてしまうのでは本末転倒です。Webライティングを外部へ依頼する事で、社内でやるべき業務に集中して人員を割り当てることができ、人件費削減と生産性の向上が見込めます。

事前に準備しておくもの

Webライティングを外部へ依頼するには、事前にある程度準備することが大切です。

全てを丸投げしては、期待できるクオリティの記事が納品されない可能性があります。依頼後のトラブルを避けるためにも、Webライティングを依頼する前に必要なものを準備しライターと共有する必要があります。

1.記事の目的を明確にする

2.執筆レギュレーションの共有

3.委託契約書の作成

記事の目的を明確にする

集客を増やすためなのか、自社の認知力を向上させるためなのかなど記事を作成する目的を明確にします。

主な目的は3つです。

・集客をしたい

・企業のブランディングを高めたい

・顧客が満足するコンテンツを作りたい

例えば、集客を目的とした場合にはSEOを意識する必要があります。SEOを意識しないままコンテンツを充実させても、ユーザーに発見されにくく成果が出ません。そのため、SEOに強い人にライティングを依頼するなど、その目的に応じた依頼先を考える必要があります。同時にオウンドメディアの記事なのかSNSなのかなど、発信媒体を明確にしましょう。

執筆レギュレーションの共有

誰に向けて発信するのかなど、ターゲット層やその先のペルソナ設定をします。ターゲット層を明確にすることで、どんな情報を発信していくのかを分析しやすく、求めているコンテンツを充実させることができます。記事の方向性を共有するためにも、執筆レギュレーションは必須です。

その際、キーワードや記事の特徴はもちろん、文体やトンマナなど表記の統一やNGワードを設定し、ライティングのルールを作成します。細かくレギュレーションを作成することでミスマッチが起こりにくく、スムーズにライティングを行えます。

委託契約書の作成

契約してからのトラブルを避けるためにも、必要事項を記した契約書を作成します。

契約書に記す内容は、主に以下の項目です。

・委託する業務内容

・納期、制作代金

・修正の可否

・支払い方法

・著作権の帰属

・第三者の権利侵害

・契約解除について

・秘密保持

・禁止事項

不要なトラブルを未然に防ぐためにも、依頼先と内容をすり合わせ契約書を作成しましょう。

Webライティングの依頼先と特徴

Webのライティングを依頼する場合、主に4つの依頼先があります。

・クラウドソーシングに依頼

・記事作成の代行会社に依頼

・Webマーケティング会社に依頼

・フリーランスのライターに直接依頼

それぞれに特徴や注意点があるので、自社に合った依頼先を検討しましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングで募集をして、ライティングを依頼します。

クラウドソーシングと呼ばれるサイトには「クラウドワークス」「ランサーズ」などがあります。サイト経由でサービスを利用して「○○の記事を書いてください」と依頼します。

クラウドソーシングの場合、他と比較し安価に依頼が可能です。だいたい1記事(1文字あたり)1円〜1.5円程度が多く、700文字〜800文字で約700円から〜800円程で依頼が可能です。依頼すれば提示した値段で記事が納品されるので、安価な値段で依頼したい場合におすすめです。

クラウドソーシングで、気を付けるのはライターの選定です。参入障壁が低いので素人でも始めやすく、内職仕事のように隙間時間でしている人や、サラリーマンが副業としてしている人が少なからず存在します。そのため、ライターにどれくらいの知識や技術があるのかなどを考慮して依頼する必要があります。

完璧なライティングを求める場合にはディレクション力が必要になり、自社で構成などを練ってから依頼するため手間がかかります。そうした場合に、自社でライティングをした方が早いとなってしまう可能性もゼロではありません。

記事作成の代行会社

多数のライターが在籍している会社などに、ライティングを依頼します。

記事作成の代行会社の場合、自社ライターが納品するパターンと、クラウドソーシングの仕組みを持っていて自社で依頼を受けて、ディレクションをして外部に依頼するパターンがあります。

特徴としては「○○というテーマでお願いします」と依頼をすると、ある程度の品質のものが納品されます。ライティングを専門にしているため、金額はクラウドソーシングよりも高くなります。

まとめて30記事、50記事などで依頼して、質の高い記事が納品されます。しかし、一般的な情報をまとめただけの、どこにでもあるような内容の記事が納品される場合があります。専門的な知識を共有、もしくは知識を持っているライターが在籍していなければ、インターネットで調べてライティングするのでオリジナリティが出にくくなります。

そのため、新規のドメインや新しくWebサイトを立ち上げるときは、あまりうまくいかない可能性を秘めています。もちろん、戦略家が練って記事を作成している会社もあり、その場合は相当の金額が必要になります。

金額やライターの質、専門性などを相談したり、テストでいくつかの記事を実際にライティングしてもらうことで、記事のクオリティを担保とする契約をするのをおすすめします。

Webマーケティング会社

Webマーケティングを専門にしており、自社でライターを抱えている会社に依頼します。Webマーケティング会社も記事作成の代行会社とほぼ同じように依頼が可能です。記事の構成を考えてクライアントに「○○の記事を書きたいから詳しい人をアテンドしてください」とか「○○について教えてください」とか取材をしながら記事を書いていく会社もあります。記事の内容について詳しい人がいて協力体制を築き作成する場合はオリジナリティのある記事を作成できますが、協力者がいない場合は他と同じように今までライティングしてきた記事を確認する必要があります。

しかし、Webマーケティングのプロなので一般的な記事代行会社よりも戦略を練って記事をライティングします。Webマーケティング会社ならではの「成功しやすそう」や「このテーマは効果が出なさそう」というのも踏まえてライティングが可能です。

そのため、データをもとに「このテーマでこの内容では成功しないと思いますけど、どうしましょうか」「では、オウンドメディアはやめて動画のマーケティングをしませんか」SNSをやりますか、広告を出しますかなどアドバイスが可能です。

フリーランスのライターに直接依頼する

リアルやインターネットなどで、直接ライターに依頼します。特に何年もライターをやっている方ならライティングがキレイです。ただ、オウンドメディアなどで、SEOに強い記事を作成できるかどうかはライター次第です。なぜなら、経験の長いライターやWebライターに近い領域で働く人はWebメディアが盛んではない時代には、取材記事やインタビュー記事など、インタビューの相手が話した内容をうまくまとめたり、分かりやすくしたり、面白味を持たせたりする記事がメインでした。そのため、SEOを意識したライティングが出来るかを確認する必要があります。

WebライティングではSEOがとても重要です。SEOでは、ユーザーが検索したことに対する答えになっていることが重要です。知りたいことが書かれている文章と知らない人にお店を紹介する文章は書き方が少し異なります。文章をきれいに書くPR文、広報文を書くことと、SEOを意識したライティングの違いなどの線引きをきちんとできるかどうかや、過去の実績などを見せてもらい判断する必要があります。

Webライティングを依頼する時の注意点

Webライティングを依頼する場合、どこに依頼するのか見定めなくてはいけません。丁寧な対応はもちろん、ユーザーニーズを満たすためにも適した依頼先を選定します。

クオリティの確認

安価でライティングが依頼できるところはクオリティが低く、高額になればクオリティが高くなるかもしれませんが、それだけで依頼先を決めてしまってはいけません。実際にこれまで書いた記事を見せてもらったり、テストで何度か記事を作成してもらい求めるクオリティが期待できるか確認しましょう。

求めるレベルのクオリティではなかった場合、時間も費用も無駄にすることになってしまう可能性も秘めています。提出された記事に納得がいかなければ、いくら好条件でも依頼するのを止めることをおすすめします。

依頼先のスキルを確認

記事のクオリティもそうですが、専門的なスキルを持ち合わせているかも確認しましょう。SEOについての知識やライティング知識や実績など、その先の成果を期待するのであれば知識や実績、スキルが必要です。

依頼先のスキルを確認せずに依頼してしまうと、成果を期待できない記事が納品される可能性もあるので気をつけましょう。

自社に合った依頼先を選定することが大切

依頼するライティングの内容や記事の目的などから、依頼先を検討する必要があります。SEOを意識した記事を作成したい場合には、記事作成の代行会社やWebマーケティング会社に依頼することをおすすめします。培ったノウハウや経験を活かし、検索エンジンを意識したSEOに強い記事を期待できます。

また、大量の記事やキュレーション記事などを制作する場合には、安価に依頼できるクラウドソーシング。PR文など誰が見てもキレイな記事を作成したい場合には、ライターに直接依頼するのもおすすめです。

自社の求める目的はどこなのかを明確にし、確かな成果が出るライティング技術を持った依頼先を選びましょう。

例えば、マトレルはユーザーが見たいと思う魅力的なコンテンツを制作することができます。SEO内部施策やキーワード設計など、自社サイトへのアクセス数を増やしコンテンツによる集客やコンバージョンの増加を期待できます。

まとめ


今回は、Webライティングを依頼する方法や依頼先の特徴について紹介しました。

依頼先を選ぶ際は、ライティング技術だけでなくSEOやWebマーケティングを意識した記事を作成できる会社をおすすめします。その時に大切なのは、依頼する前の準備と自社に合った依頼先の見極めです。

記事を作成する目的を明確にすることで、期待したクオリティを得ることができます。同様に、予算や作業フローなどもまとめることで安心して依頼できるでしょう。コストの面で二の足を踏んでしまいがちなWebライティングの外注ですが、外注することで得られるメリットもたくさんあります。「コンテンツまで手が回らない」「納得のいくクオリティの記事を作成したい」と考えたときには、ぜひ一度マトレルにご相談ください。

マトレルは、システム開発からサイト制作まで行うWeb制作のスペシャリスト集団です。Web以外にもパンフレット制作や動画撮影も対応可能で、クライアントが求める成果物に柔軟に対応します。代理店様や製作会社様からの依頼や、元請けとしてクライアント様からの直接発注など、幅広く対応しております。さまざまなニーズを持つお客様のお役に立てるよう、「期待を超えるクオリティ」でご提案いたします。

この記事の監修者

マトレル ナレッジ運営

    関連記事

    • Webサイト制作は要件定義とサイト設計が成功の鍵を握る

      WEB制作
    • ホームページ制作でトラブル発生!対処法や予防について事例を交えて解説

      WEBデザイン WEB制作 セキュリティ対策
    • Googleビジネスプロフィールのインサイトでできることは?活用術も紹介

      WEB制作
    PAGE TOP