SEO WEB制作

デジタルマーケティングとは?メリットや手法などを分かりやすく紹介

SHARE

スマホなどのデジタル機器の普及率が高まり、世の中はデジタル化の方向へと進んでいます。

マーケティングでも同様で、デジタルマーケティングが注目されはじめました。

そこで本記事では

  • デジタルマーケティングとは何か
  • デジタルマーケティングを導入するメリット
  • デジタルマーケティングの手法
  • デジタルマーケティングを行う上でのポイント
  • デジタルマーケティングの成功事例

について紹介していきます。

最後まで読んで、デジタルマーケティングへの理解を深めていきましょう。

デジタルマーケティングとは


デジタルマーケティングとは、WebサイトやSNSなどのデジタル技術を使って行うマーケティング全てを指します。

つまり、現在マーケティング活動をしているのであれば、必ず触れているものと言え、ほとんどの人が電子機器から情報を得ている現状では、非常に有効なマーケティングの手段です。

デジタルマーケティングとWebマーケティングの違い

Webマーケティングは、デジタルマーケティングの1種です。

WebマーケティングがWeb広告やSEOなどを使ったWeb上のものであるのに対し、デジタルマーケティングは、EメールやSNS、来店データなどを含めた、オンラインとオフラインの両方を使ったマーケティングになります。

デジタルマーケティングが重要視されるようになった背景

デジタルマーケティングが重要視されるようになった背景には、以下の2つが強く影響しています。

1.DXへの移行の需要

DXとは、デジタルトランスフォーメーションの略で、簡単にいえばデジタル技術を用いて、従来の作業を簡略化したり、効率化したりすることです。

DXとデジタルマーケティングは深く関わり合っているため、DXへの移行が求められると同時に注目され始めました。

2.デバイスと情報源の多様化

インターネットを使えるデバイスは、パソコンだけでなくスマホやタブレットなど、さまざまなものに分散しています。

将来的には、スマートウォッチやスマートグラスのようなより小型で身につけられるものに移行していくことも考えられるため、多方面に影響を与えられるデジタルマーケティングが注目されています。

デジタルマーケティングを導入するメリット

デジタルマーケティングを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

こちらでは、大きな要素である「アプローチできる年齢層」「取り組みのスピード感」「データ蓄積」「コストダウン」の4点で紹介します。

アプローチできる年代が幅広い

少し前まで「スマホやパソコンを持っている、または慣れ親しんでいる人は若い世代」という印象がありました。

しかし、令和2年の総務省の調査によると、13〜59歳のスマホ保有率は90%以上、60代でも約80%となっており、年齢問わずデジタルに接していることがわかります。

つまり、デジタルマーケティングを使えば、13〜69歳までであれば約8割の幅広い年齢層の人にアプローチできます。

このままいけば、20〜30年かけてスマホ保有率がほぼ100%に近づいていくことが考えられるため、デジタルマーケティングの効果はより増していくでしょう。

スピード感のある取り組みができる

デジタルマーケティングは、スピード感がある取り組みができるのも魅力です。

デジタルマーケティングを使うと、リアルタイムで商品の結果を知ることができるため、

  • 初動で結果が悪かったから、〇〇の部分を変更してみよう
  • 今回の結果が良かったから、次回のものにも活かそう

などの変更や次回への改善がすぐに行えます。

データの蓄積がしやすく、活用しやすい

デジタルデータは「集めやすい」という特徴もあります。

従来のマーケティングでは、時間もお金もかけないとデータは集まりませんでした。

しかし、デジタルマーケティングにおいては、データを計測するもの全てがデジタルでつながっており、自然とデータが集められます。

また、データをたくさん集めるほど、誤差が少なくなり正確さが高まるので、今後のマーケティングに活用しやすいです。

コストダウンにつながる

従来のマーケティング活動には、単純な資金のほかに多くの人員が必要です。

一方で、デジタルマーケティングでは、デジタル技術を使うことで人の代わりに機械が働いてくれたり、より効率的な分業ができたりするので、マーケティングにかかるコストや時間を減らせます。

デジタルマーケティングの9の手法

デジタルマーケティングの手法は、さまざまです。

こちらでは、9つのデジタルマーケティングの手法について紹介します。

1.Webサイト

Webサイトは、Webページがいくつも集まったサイトのことを指します。

企業の公式サイトやブログ記事が集まったサイトが代表的な例です。

Webサイトは、下記で紹介するマーケティング手法同士をつなぐ重要な役割も持っているため、他のマーケティング手法と並行して運用するとよいでしょう。

2.デジタル広告

デジタル広告とは、インターネット上で展開される広告を指します。

例えば

  • PPC(Pay Per Clickの略で、クリックごとに広告費がかかる広告)
  • アフィリエイト(企業以外の第3者に商品を紹介してもらい、その成果によって報酬を支払う広告)
  • リターゲティング広告(1度サイトを訪れたことがある人に対してもう1度表示する広告)
  • ネイティブ広告(コンテンツに自然と融合した広告)
  • 純広告(掲載する期間や価格が決まっている枠を買って出す広告)

などがあります。

それぞれの広告にメリット・デメリットがあるため、自身の目的にあったものを選びましょう。

3.SEO

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化のことで「Googleなどの検索機能で上位表示されるコンテンツを作成すること」を指します。

ユーザーが自然にキーワード検索で見つけるのを待つというマーケティング手法のため、ユーザーが求める情報が充実した質の高いコンテンツを作成することが重要です。

4.Eメール

Eメールマーケティングは、メールを使って一度購入経験がある既存ユーザーや購入の可能性がありそうな新規ユーザーにアプローチする手法です。

他のデジタルマーケティングと比べて、費用がかからず始めやすいため、多くの企業が使用しています。

「メールがどのくらいの割合で読まれており(開封率)、望む成果につながったのはその何割か(コンバージョン率)」を確認し、タイトルや本文の内容などを改善していきましょう。

5.動画

近年では、YouTubeなどの動画やInstagramのリール、TikTokのようなショート動画を使ったマーケティングも主流になってきています。

動画は「リッチコンテンツ」とも呼ばれる情報量の多いコンテンツで、文章や画像では伝えきれない情報を載せられます。

動画ならではの特徴を活かし、視聴維持率やリピート数などを見て分析・改善していきましょう。

6.SNS

SNSは、生活に密接なものであり、短時間で情報を伝えるのにぴったりな媒体です。

情報量が多すぎると読まれにくくなるため、伝えたいメッセージを1つに絞り端的に伝え、興味を持った人は他の媒体(Webサイトや動画)に流すという方法をとるとよいでしょう。

また、広告面でも有効で、ユーザーの興味関心に合わせたものが表示されるので、新規ユーザーの認知拡大や商品の購入につながる可能性が高いです。

7.アプリ

アプリマーケティングとは、スマホやタブレットで利用されるアプリを使って、既存・新規の両方のユーザーに対してアプローチしていく手法です。

アプリ限定クーポンの配布やポイントカード機能、新商品・セール品の販売情報などが例として挙げられます。

上記のような機能があると、「実店舗に行ってみようかな」や「商品について詳しく知りたい」という気持ちになり、ユーザーが期待感や購入意欲を持った状態で購入手段へと手を出してくれる可能性が高いです。

8.MEO

MEOとは、Map Engine Optimizationの略で「Googleマップの検索エンジンに評価されるように対策をすること」を指します。

対策方法はさまざまですが、Googleビジネスプロフィールを作成したり、口コミを集めたりすることで評価されやすくなると言われています。

実店舗を運営している人に限定されたマーケティング手法ですが、上位表示されれば大きな売上につながるので、取り組むとよいでしょう。

9.IoT活用

IoTとは、Internet of Thingsの略で、「スマホやパソコンだけでなく、あらゆるモノをインターネット化する」ことです。

機能の追加や遠隔操作できる家電(冷蔵庫や洗濯機など)がイメージしやすいでしょう。

モノにIoTを活用することで、現地に出向いて調査する必要があるデータやユーザーの細かい動向のデータなどが集まるため、今までかかっていたコストを減らせたり、商品の機能を大幅に向上させたりできます。

デジタルマーケティングを行う時のポイント

こちらでは、デジタルマーケティングを行う上で気を付けるポイントを紹介します。

ターゲットを決める

マーケティングにおいて、商品の対象となるターゲットを決めることは重要です。

デジタルマーケティングではその重要性がより増し、ターゲットを繰り返し絞り込んでいくことで精度を高めることができます。

まず、STP分析を使って、最初のターゲットを決めます。

STP分析とは、S(Segmentation:市場の細分化)・T(Targeting:狙う市場を決定)・P(Positioning:自社の立場の明確化)を行うための分析です。

そして、1回目の結果が出たらヒートマップ分析などで改善点を洗い出し、よりターゲットを絞ったマーケティングを行なっていきましょう。

KPIとKGIを設定する

KPIは「途中の数値目標」、KGIは「最終的な数値目標」と認識してもらえればよいです。

数値目標は、チームの共通目標になったり、データを分析するときの指標になるので、必ず設定するようにしましょう。

KPIとKGIについてはこちらのページで詳しく解説しているので、是非確認してみてください。

カスタマージャーニーマップを作る

カスタマージャーニーとは「自社の商品を知ったユーザーが実際に購入するまでの流れ」のことを指します。

カスタマージャーニーマップは「ユーザーがどのような過程(行動・心理状態など)で購入まで至るのかを分かりやすく図にしたもの」です。

この図を作成することで、自社の現在地が俯瞰的に把握できたり、間違った方向に進んでいないかなどの確認作業の目安にできたりします。

部署の垣根をこえた連携

デジタルマーケティングは、1つの部署だけで完結できるものではありません。

市場調査〜分析・改善までにさまざまな工程が含まれており、会社や部署ごとに担当する範囲が異なります。

企業全体でそのデジタルマーケティングを盛り上げるようにしましょう。

部署同士の連携をしていかなければ、うまく歯車が噛み合わず、結果としてユーザーのためにも企業のためにもなりません。

ツールを使って効率化

デジタルマーケティングにおいては、ツールを使って効率化していくことも重要です。

代表的なものとして「MA(マーケティングオートメーション)」が挙げられます。

MAとは、マーケティング活動を自動化してくれるもので、購入の見込みがあるユーザーに営業をかけるなどをしてくれるツールです。

デジタルならではの効率化の手段なので、積極的に使っていきましょう。

デジタルマーケティングの成功例3選

デジタルマーケティングは、BtoB・BtoCのどちらの企業にも役立つマーケティング手法です。

こちらでは、例を3つあげて紹介します。

三ヶ島製作所

三ヶ島製作所は、自転車のペダルを製造するBtoB企業です。

この企業では、日本語と英語を用いたFacebook運用を行い、海外企業との取引へと展開しています。

また、BtoB企業でありながら、投稿内容はその先のユーザーに向けられたものにもなっており、企業として人を大切にしているというメッセージが伝わってきます。

ライオン

ライオン株式会社は、独自開発した子供用歯ブラシと専用アプリを組み合わせて、IoTを活用したマーケティングで成功を収めています。

商品から各個人の歯ブラシに関するデータを得られ、新商品の開発に役立てられています。

また、交換時期のお知らせや別商品のおすすめなども同時に発信することで売り上げアップにもつなげました。

Panasonic

Panasonicでは、インスタグラムのアカウントを使ったマーケティングで成功を収めました。

方法としては、「Panasonic Cooking」というアカウントで、調理家電を使った料理などを紹介し、調理家電に興味があるユーザー層を集めます。

その後、新商品のプレゼントキャンペーンなどでユーザーとのコミュニケーションを図り、結果として「前モデルの2倍」の売り上げを達成しました。

まとめ

本記事では、デジタルマーケティングについて紹介しました。

現在でもデジタルマーケティングは重要ですが、将来的にその重要性が増していくことが予想されます。

そして、デジタルマーケティングには商品や狙うユーザー層ごとに相性があります。

  • 自社の商品が伝えたいメッセージ性は何か
  • 本当に使って欲しいユーザーは誰なのか

を考え、有効なデジタルマーケティング手法を使いましょう。

この記事の監修者

マトレル ナレッジ運営

    関連記事

    PAGE TOP