WEB制作

クリニックの採用サイト制作で重要な5つのポイント【作る際の流れも解説】

SHARE

クリニックが採用活動する場合、1人でも多くの人に応募してもらい質の良い人材を獲得したいと考えていませんか。質の良い人材や自院に合う人材を獲得するためには、競合に勝つ魅力的な採用サイトが不可欠です。

まだ自院の採用サイトを作成していない人や、採用サイトは作成しているけど人が集まらないと悩んでいる人、採用サイトのコンテンツを増やしてデザインなどをリフォームしたい人など、さまざまな悩みがあるでしょう。

この記事では、クリニックの採用サイト制作で重要な5つのポイントや採用サイトを制作するメリット、クリニックの採用サイト制作事例3選をご紹介します。これから採用サイトを制作するクリニックや現在に採用サイトをリフォームしたいクリニックは、ぜひ参考にしてください。

クリニックの採用サイト制作で重要な5つのポイント

クリニックの採用サイト制作で、重要なポイントが5つあります。

  • 採用したい職種を明確にする
  • 院内の雰囲気が伝わる動画や画像を作成する
  • インタビュー記事を作成して人となりを伝える
  • 問い合わせしやすい導線とデザインを意識する
  • 自院の採用方針を決定する

ポイントを抑えて掲載することによって、クリニックの安心度や信頼度に繋がり、多くの求職者からの応募が見込めます。

自院に似合った人材と出会えるように、工夫して採用サイトを作ることが重要です。

採用したい職種を明確にする

クリニックの採用サイト制作で重要な5つのポイントの1つ目は、採用したい職種を明確にすることです。例えば、次のような職種です。

  • 医師
  • 看護師
  • 検査技師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 薬剤師
  • 助産師
  • 医療事務

クリニック内での職種は多岐に渡り、採用したい職種を分かりやすく明確にする必要があります。より多くの求職者を集めるため「やる気があれば、誰でも採用します」というように、応募職種を広げすぎた募集になると求める人材が集まりづらく、いたずらに応募数だけが増加してしまいかねません。

さらに、自院の情報も掲載すると、求めている人材が応募してくれるケースもあります。採用サイト内に、スタッフの紹介や理念などを掲載することによって、採用したい職種に適した人材の確保ができるでしょう。

何の職種の募集なのか、ターゲットは誰なのかを明確にしましょう。明確になると採用サイトの方向性も決まるので、一貫した情報を発信できます。

院内の雰囲気が伝わる動画や画像を作成する

クリニックの採用サイト制作で重要な5つのポイントの2つ目は、院内の雰囲気が伝わる動画や画像を作成することです。

動画や画像がないと求職者に伝わりづらく、文章だけの採用サイトは冷たい印象を与えかねません。

動画や画像を見て採用サイトを最後まで読ませるような工夫が必要です。院内の明るい雰囲気や患者様に寄り添っている動画などを掲載すると、良い印象を与え志望率も上がる可能性が高まります。

会社の雰囲気を知りたい求職者にとって、実際に働いている画像や動画は大きな判断材料になるでしょう。採用サイトだからこその強みを利用して、魅力が伝わるような画像や動画を積極的に掲載しましょう。

また、自院に勤める際のメリットやアピールポイントを付け加えると効果的です。特に自身のある強みやウリは、画像や動画と一緒に解説する形で強調することをおすすめします。メリットやアピールポイントは、求職者に自院を知ってもらうヒントになるため、丁寧に仕上げることがポイントです。

インタビュー記事を作成して人となりを伝える

クリニックの採用サイト制作で重要な5つのポイントの3つ目は、インタビュー記事を作成してスタッフの人となりを伝えることです。

インタビュー記事を採用サイト内に掲載し人となりを伝えることで、求職者に採用後の安心感を与えます。

例えば、クリニック内での調査結果や、現場の方の声、入社後の感想などについて述べると、求職者は入社後の自分をイメージしやすくなります。さらに、イメージを持ったうえで、「素敵な先輩たちと働きたい」「将来はこんな風になりたい」など、目標を持つきっかけになるのです。

インタビュー記事によって質問の内容を変えると、よりイメージが湧き志望度が上がるケースが多いです。インタビューの中でテーマを決めて、掲載するとよいでしょう。クリニックの福利厚生や仕事内容などを分けて掲載することで、さらにイメージがつきやすく、入社後のギャップに悩まされる心配が軽減される効果があります。

自院の雰囲気により馴染む人材を獲得するためにも、インタービュー記事で職場の雰囲気や働きがいをアピールしましょう。

問い合わせしやすい導線とデザインを意識する

クリニックの採用サイト制作で重要な5つのポイントの4つ目は、問い合わせしやすい導線とデザインを意識することです。

求職者がクリニックの採用サイトを見て興味が湧いても、問い合わせの場所がわからなかったり、何度もクリックして手間がかかったりしてしまうと、サイトから離れてしまいます。せっかく興味を持ってくれた人を離さないためにも、問い合わせしやすい導線にして充実させましょう。

また、採用サイトのデザインを意識すると、サイト全体が華やかになりクリニックの印象が分かりやすく、事業内容や仕事風景などブロックごとに分けると見やすくなります。クリニックの魅力を伝えるためにも、デザインを重視して作成するとよいでしょう。

デザインを重視した採用サイトの作成方法として、スマホを利用してサイトを見る人のことを考えたデザインにする方法があります。スマホでネット検索をする時代だからこそ、デザインが崩れにくいフラットなものや、全画面のデザインが多く使用されています。

他のサイトと差別化できるように、動画やアニメーションを取り入れたデザインを採用するサイトも増えてきました。

自院の採用方針を決定する

クリニックの採用サイト制作で重要な5つのポイントの5つ目は、自院の採用方針を決定することです。

採用方針が固まっていないと、自院に合わない人材を雇ってしまうリスクがあります。

特にクリニックの場合は、求職者の人間性や保有資格、経歴などの基準を決めておきましょう。具体的な保有資格は、医師の募集であれば医師免許、看護師であれば看護師の免許などです。募集の職種によって必要な資格を採用サイトに掲載しておくと、自院に合う人材を獲得できるはずです。

採用の基準と擦り合わせながら採用サイトを作成すると、見ている求職者の対策にも繋がります。

採用方針が決定したら、選考基準や決定した採用方針を掲載することや、応募から採用までの流れも一緒に掲載しましょう。しっかりと選考基準を明記することで面接準備ができるうえに、選考の流れを知ることで求職者のストレスが和らぎます。

また、自院のアピールポイントを掲載することも重要です。勤務地や福利厚生、雰囲気など特徴となるものをいくつかピックアップしましょう。特に福利厚生は求職者にとって重要項目となります。しっかり明記することで、志望度を上げることも可能です。

クリニックが採用サイトを制作するメリット

クリニックが採用サイトを制作するメリットは2つあります。

  • 求人媒体に支払うコストを削減できる
  • 自院に興味のある人材だけを集められる

一般の求人媒体と採用サイトの違いやメリットは、何があるのでしょうか。自院に合った人材を獲得する為なので、クリニックが採用サイトを制作するメリットは大きいです。

求人媒体に支払うコストを削減できる

クリニックが採用サイトを制作するメリット1つ目は、求人媒体に支払うコストを削減できることです。採用サイトから直接応募されることで、採用時のコストが削減できます。例えば、求人媒体を利用すると、採用時、掲載元に紹介料や仲介料などのマージンを支払う必要があることも多いです。

しかし、自院の採用サイトで応募した場合、紹介料や仲介料を払う必要がなくなり、無駄な出費を抑えられます。

また、求人媒体は無料のものから有料のものまであり、求人の掲載順位等によって費用が変動する料金体系のものも数多く存在します。さまざまな要素で費用が重なり、採用時のコストは1人当たり約5.1万円から62.5万円です。

業種によっても異なりますが、医療業界だと約122.7万円程と言われています。マージンを払って採用して長続きしない人より、自院に興味を持って直接応募されて長続きする人の方が、自院にも大きなメリットを与えます。

自院に興味のある人材だけを集められる

クリニックが採用サイトを制作するメリット2つ目は、自院に興味のある人材だけを集められることです。

求職者は充実した採用サイトを見ることによって、応募したいと思うものです。自院に興味のある人材だけを集められると、採用後も長く勤めてくれます。

一般の求人サイトでは、文字数や画像、動画などに制限がありクリニックの良さが伝わりづらいことも多いです。しかし、自院の採用サイトは求人サイトと比較して何も制限がないため、より一層求職者が興味を持ってくれる可能性が高まります。

自院に興味がある人材だけを集めることによって、院内の雰囲気ややりがい、スタッフの仲の良さなどが向上することも期待できます。興味を持って応募してくれる求職者を手放さないためにも、採用サイトのデザインや問い合わせやすい導線を心がけましょう。

クリニックの採用サイト制作事例3選

クリニックの採用サイト制作の事例を3選、ご紹介します。

  • 大島歯科クリニック
  • 西新町整形外科
  • 養老整形外科クリニック

上記の診療所の採用サイトは、求職者に向けて「目に留まるデザイン」や「安心して応募ができる」「採用前と採用後のギャップがない」など、求職者の知りたい情報が多く含まれています。

採用サイトを制作するときに、ぜひ参考にしてください。

大島歯科クリニック様

大島歯科クリニック

出典:大島歯科クリニック

千葉県柏市にある、大島歯科クリニック様の採用サイトです。大島歯科クリニック様の採用サイトでは、求職者が知りたい情報やよくある質問を中心にコンテンツ作成をしています。例えば「始業までの流れ」や「先輩の声」「募集要項」「1日の流れ」など、コンテンツを増やし掲載されています。

さらに、スタッフの仕事風景や院内の雰囲気の画像を豊富に使用することで、入社後のイメージを掴むことができ、自院の思いなども伝わるようなデザインに仕上げられており、参考になる事例です。

西新町整形外科様

西新町整形外科

出典:西新町整形外科

愛知県新城市にある、西新町整形外科様の採用サイトです。西新町整形外科様の採用サイトでは、求職者の目に留まるようなデザインで、自院の普段の様子が分かる動画が掲載されています。「募集要項」から「教育体制」などのコンテンツを豊富に使用し、求職者が安心して応募できるように工夫されています。

また求職者が1番困るのは、入社前と入社後のギャップです。ギャップを避けるために、採用基準や応募してほしい人材の基準が明記されています。

養老整形外科クリニック様

養老整形外科クリニック

出典:養老整形外科クリニック

岐阜県養老郡養老町にある、養老整形外科クリニック様の採用サイトです。養老整形外科クリニック様の採用サイトでは、自院に魅力を欠かすことなく伝えられているサイトになっています。例えば「仕事の1日の流れ」や「新入社員の教育体制」「スタッフの方々のインタビュー」など、多く利用されています。

コンテンツの多さも特徴的ですが、院内の雰囲気画像が非常に伝わりやすい画像であったり、明るい雰囲気のデザインになっていたりと、求職者が応募しやすいように設計されています。

まとめ

クリニックの採用サイトのポイントやメリットについて、ご紹介しました。

 

企業にとって採用サイトとは、求める人材を探すツールであり、質の高い人材を獲得するための重要なものです。ただやみくもに採用サイトを作成するのではなく、採用したい職種を明確にし、院内の雰囲気やインタビューを交え、問い合わせや採用情報に目が行くようなデザインに仕上げる必要があります。クリニック側も、採用したい人物像をイメージしながらサイトの作成をしましょう。

 

クリニックが採用サイトを作成することによって、興味を持った求職者が応募してくれる可能性が上がります。仮に採用が決まっても自院の採用サイトなので、仲介料や紹介料はかからず、コスパ良く採用活動ができることがメリットです。

 

もし魅力的な採用サイトの作り方が分からない、応募者数を増やす為のノウハウが知りたいとお悩みの方は、ぜひご相談ください。

 

関連記事

  • ドメインとは?ビジネスにおける重要性や種類、取得する際のポイントについて解説

    WEBデザイン WEB制作
  • 最適なコーポレートサイト制作会社を選定するポイントや依頼するメリット、依頼費用の目安や依頼する手順について解説…

    コーポレートサイト WEB制作
  • Googleビジネスプロフィールの登録と使い方。集客アップに(旧:Googleマイビジネス)

    WEB制作
PAGE TOP